「旅行で家を留守にするとき、ぬか床はどうすればいい?」

こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

ぬか床には色んな菌が住んでいるので、菌のバランスを整えるためにも毎日のお世話が欠かせません。(放置するとぬか床が酸っぱくなったり、臭くなったりすることも…。)

そんなお世話の大切さが分かっているからこそ、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始など、家を留守にするときに「ぬか床」をどうすればいいのか悩んでしまうんですよね^^;

すえさやすえさや

私も、実家に帰るときはぬか床にお留守番してもらわないといけません。

なので今回は、安心して旅行に行くために、お世話できない間の「ぬか床の管理方法」についてお話ししていきますよ^^

ちなみにここでは、留守にする期間が「1週間」と「それ以上」のときの方法を紹介しています。
また、季節についても触れているのであなたに合うものがきっと見つかるはず!

ではさっそく、留守の期間が1週間くらいのときの対処法から見ていきましょう♪

スポンサーリンク

1週間くらいの旅行なら管理は簡単!留守前にすることとは?

~こんな状態では留守にできません!~

ぬか床に住むが元気になるのは、温度が高いとき^^
とくに25度以上になると活発になるので、は1週間くらいでも冷蔵庫に入れてから旅行に行ったほうがいいでしょう。

逆に冬場は気温が低いので菌の動きは鈍くなりがち。
だから常温で保管しても大丈夫!

ただ、夏も冬もいつも使っているままのぬか床で管理OKというわけじゃありません^^
そのままの状態で放置すると雑菌がわいてしまうことがあるので、それなりに対策をしてから保管しないといけないんですよね^^;

すえさやすえさや

私は年末年始に1週間ほど実家に帰るんですが、帰ってきてぬか床を見たら臭くなっていたことがあります(笑)

こんな残念なことにならないためには、どんな対策をすればいいのか…。
それは以下のような方法をとることです^^

★ぬか床を1週間留守番させるときの管理法

  1. ぬか床の野菜を全て取り出す
  2. 足しぬかをして、ぬか床の水分量を減らす
    (足しぬかに塩が入っていない場合は塩も足し、ぬか床が味噌より硬めになるように^^)
  3. ぬか床の空気をしっかり抜いて平らにする
  4. 容器の周りについたぬかを綺麗に拭き取る
  5. いつも通り容器にをして完了
    (保管は夏なら冷蔵庫へ、冬は常温でOK!)
  6. 復活させるときは、ぬか床を良く混ぜる
  7. 何回か捨て漬けをしてから使い始めましょう
    (ぬか床の塩分量が多くなっているので、すぐに使うとしょっぱいです^^;)


ぬか床に1週間留守番させるときに大事なのは、水分量塩分量
水分が多かったり塩分が少なかったりすると雑菌が繁殖しやすくなるので、注意しましょう。(ぬか床をちょっと食べてみて「しょっぺー!」って思うくらいがGood)

また、には乳酸菌や酵母菌などの繁殖を抑える働きもあるので、とかには気持ち塩を多めにしておくことをおすすめします^^(常温で保管する場合)

というのも、春とか秋ってたま~に気温が高くなる日があるじゃないですか^^;
そんな時に塩が少ないとが増えすぎて、ぬか床が酸っぱくなったり臭くなったりするんですよね。
だから常温で管理するときは、塩を多めにしといたほうが安心なんです^^

さて、ここまでは1週間という短めの旅行をするときの管理方法を紹介してきました。

でも期間が長くなってくると、この方法ではどうしてもぬか床がおかしくなる可能性が高くなるんですよね…。

そこで次は2週間以上の旅行をするときの管理法を紹介しますね。

スポンサーリンク

家を長期で留守にするときのぬか床の管理法2つとは?

~管理を怠ると色がおかしくなることも…~

前の章で紹介した方法で長期間放っておくと、少しずつですがぬか床のが繁殖していってしまいます^^;
そうするとニオイがおかしくなってしまうので、長期間留守にするときには「ぬか床の菌」の繁殖さらに抑えないといけないんですよね。

それに、ぬか床の菌の繁殖を抑えるということは雑菌にも弱くなるということ。
だから雑菌も繁殖しにくくしなければいけません。

すえさやすえさや

長期で留守にすると、ぬか床の管理も大変になります^^;

そこで気になる管理方法なんですが…実は2つあるんですよね。
それは、

  1. 冷凍
  2. 塩を使う方法

です!

では、どんな方法なのか詳しく紹介していきましょう。

ぬか床を1週間留守番させる場合の管理法その1:冷凍


これは夏場におすすめの方法。
冷蔵よりもさらに温度を下げることで菌の活動を止め、長期の保管ができるようになっています^^

★ぬか床の冷凍方法

  1. ぬか床に漬けている野菜を全て取り出す
  2. ぬか床が味噌より硬めになるように足しぬかをする
    (足しぬかにが入っていないときは塩も!)
  3. ぬか床を押し固めて空気を抜く
    (冷凍庫に容器が入らない場合は、ぬか床を移しかえましょう)
  4. ラップをぬか床にピッタリ貼り付ける
  5. しっかり蓋をしめて冷凍庫
  6. 復活させるときは冷蔵庫で解凍し、よく混ぜる
  7. 捨て漬けを数回してから使い始めてください^^


私は大きなカメでぬか床を管理しているので、どうやっても冷凍庫には入りません^^;
だから別の容器に移しているんですが、個人的にはジップロックがおすすめ!
空気も抜きやすいし、わざわざラップで覆わなくていいので楽ですよ♪

ちなみに冷凍できる期間は「6~7ヶ月」くらいかな。
それ以上は冷凍したことがないので分からないんですけど、私が半年くらい冷凍したときはぬか床のいい香りがだいぶ落ちてました^^;

美味しいぬか床に戻すのにも時間がかかったので、できるだけ早く戻してあげたほうがいいでしょう。

ぬか床を1週間留守番させる場合の管理法その2:塩を使う


これはではなく、冬場におすすめの方法です^^
常温で管理できるので、大きなカメで作っている人にとっては冷凍するよりもでしょう。

ではさっそく詳しい方法を紹介していきますね。

★塩を使ったぬか床の管理方法

  1. ぬか床に漬けている野菜を全て取り出す
  2. 足しぬかをして、ぬか床の水分量を減らす
    (ぬか床が味噌より硬めになるように^^)
  3. ぬか床の空気をしっかり抜いて平らにしたら、容器の周りを綺麗に拭く
  4. 熱湯消毒した布巾を濡らして良く絞り、3の上にピッタリ貼り付ける
  5. 4の上から塩を5cmくらい重ねたら、強く押し固める
    (留守の期間が3ヶ月くらいなら3cmでもOK!)
  6. 容器の周りを食品用のアルコールまたはホワイトリカーで拭いて消毒
  7. 容器の上に不織布(ふしょくふ)または新聞紙をかける
  8. 虫が入らないようにゴムで縛ったあとをする
  9. ほこりが被らないように8の上からビニール袋をすっぽり被せ常温で保管
  10. 復活させるときは布巾を取って、ぬか床を良く混ぜる
  11. 何度か捨て漬けをしたら使い始められます^^


ちなみに、保管できる期間は半年くらい。
冷凍みたいにぬかの香りが落ちたり、冷凍臭がついたりしないので結構いいですよ♪

さて、ここまで旅行の期間(季節)に合わせた管理法を紹介してきました。
最後に分かりやすくまとめたので、復習もかねて見ておきましょう。

まとめ

  • 1週間程度の留守の場合の管理法は
    1. ぬか床の野菜を全て取り出す
    2. 味噌より硬めになるように足しぬかをする
    3. ぬか床の空気をしっかり抜いて平らにする
    4. 容器の周りについたぬかを綺麗に拭き取る
    5. いつも通り容器にをする
    6. 夏なら冷蔵庫、冬は常温で保管すればOK

    である。

  • 2週間以上の長期で留守にする場合、管理法は2つある。
    なら

    1. ぬか床に漬けている野菜を全て取り出す
    2. 足しぬかをしてぬか床を味噌より硬めにする
    3. ぬか床を容器に押し固めて空気を抜く
    4. ラップをぬか床にピッタリ貼り付ける
    5. しっかりをしめて冷凍庫へ入れる

    方法がおすすめである。なら

    1. ぬか床の中の野菜を全て取り出す
    2. 味噌より硬くなるまで足しぬかをする
    3. ぬか床の空気を抜いて平らにしたら、容器の周りを綺麗に拭く
    4. 熱湯消毒した布巾を濡らして良く絞り、3の上にピッタリ貼り付ける
    5. 4の上から塩を3~5cmくらい重ねて強く押し固める
    6. 容器の周りを食品用のアルコールまたはホワイトリカーで拭いて消毒
    7. 容器に不織布(ふしょくふ)または新聞紙をかける
    8. 7ゴムで縛り、蓋をする
    9. 8の上からビニール袋をすっぽり被せて常温で保管する

    方法がおすすめである。



ぬか床は生きているので、毎日変化しています^^
だから留守にしていて様子を見られないときほど、出かける前にちゃんと管理しておいてあげることが大事なんですよね。

すえさやすえさや

そうそう!私はしょっちゅう広島に帰るんですけど、そのときのぬか床の管理で分かったことがあるんです!

ぬか床をお留守番させるときには

  • 水分量を少なめに
  • 塩分は多めに
  • 温度は低く
  • 空気に触れさせない

ことが大事だと^^(これらを守ってたら異変が起きなかったんですよ)

だからあなたも、ぬか床をお留守番させるときはこれらの管理をしっかりしてあげてくださいね♪

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

この記事と関連のあるページ