~賞味期限がおよそ1ヶ月半前に切れていたヨーグルトを発見!~

「賞味期限が切れたヨーグルトっていつまで食べられるの?」
「そのまま食べるのは怖いから、安心できる使い方が知りたい!」



こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

ヨーグルトを買ったけど食べる暇がなかったり、忘れたりしていて「賞味期限が切れていた!」なんてことありませんか?

ちなみに私は買いだめをしているせいか、未開封のものも開封しているものも期限を切らしてしまったことが何度もあります^^;

そして、そんな賞味期限切れのヨーグルトを見つけるといつも思うんですよね。


これは食べられるのだろうか…」と(笑)


見た目ニオイが明らかにおかしかったら捨てることもできますが、普通だったら食べられるかどうか悩む人って結構多いと思うんです^^;


なので今回は、賞味期限切れのヨーグルトはいつまで食べられるのかについてお話ししていきますよ。

もちろん、そのまま食べるのに抵抗があるというあなたのために安心できる使い方も紹介しているので最後までお見逃しなく!

ではさっそく見ていきましょう♪

スポンサーリンク

賞味期限切れのヨーグルトはいつまで大丈夫?未開封と開封済みの違いを知ろう!



そもそも「賞味期限」とは、「その間なら商品を美味しく食べられますよ」という意味を持っています。

だから少しぐらい賞味期限が切れたところで、食べてもなんら問題はないんですよね。(もちろんは落ちていますけど^^;)

すえさやすえさや

ちなみに私は、賞味期限が2ヶ月くらい前のヨーグルト(未開封)を食べたことがあるんですがお腹は平気でした。

ただこれは私の胃腸が強かったのもありますけど、食べたヨーグルトがプレーンタイプでなおかつ未開封だったから!

というのも実は私、開封してから1ヶ月たったプレーンヨーグルトを食べたことがあるんですが見事にお腹を壊したことがあるんですよね^^;

たぶん、開封した瞬間から空気に触れて雑菌が繁殖しやすい状態になっていたからでしょう。(大きなパックだとスプーンで取り分けたりもしますし…)


なので、かれこれ4年ヨーグルトを食べ続けている私の経験としては「開封したヨーグルトは賞味期限に関係なく一週間で食べきること」が一つの目安ですね。(プレーンの場合)

ただ、ヨーグルトに砂糖果物が入っている場合はプレーンと違って一週間も持たないので、その日のうちに食べるようにしないといけないので注意が必要です^^;


とはいえ、開封したヨーグルトがいつまで食べられるのかは正直なところ保存状態によってまちまち…。

なので、日数もですがヨーグルトのニオイ見た目も判断材料にしましょう。(異臭黄みがかったヨーグルトは捨ててください)

すえさやすえさや

ちなみに、賞味期限切れやスプーンですくった後のヨーグルトは時間がたつごとに硬くなったりホエイ(水分)が出てきますが、味には問題ありません。

さて、ここまで賞味期限切れのヨーグルトがいつまで食べられるのかについて私の経験をお話ししてきました。

ただ私の胃腸はちょっと強いので(笑)逆にお腹の超弱い私の夫の目安も紹介しておきますね。

賞味期限切れ開封済みのヨーグルトを食べることが不安な人は、こちらを目安にしてみてください^^

お腹を壊しやすい夫が食べられるヨーグルトの期限切れ&開封日数

  1. プレーンヨーグルトの場合
    • 未開封:賞味期限切れ後、15日~20日以内
    • 開封済み:賞味期限関係なく、開封してから3日以内
  2. 砂糖や果物入りヨーグルトの場合
    • 未開封:賞味期限切れ後、1週間以内
    • 開封済み:賞味期限関係なく、その日のうち


夫は、この間なら食べてもお腹を壊すことはないそうです^^


とはいえ、「賞味期限が切れたヨーグルトをそのまま生で食べるのは不安」という人は多いはず。

そこでお次は、賞味期限切れのヨーグルトを安心して使える方法を紹介しますよ。

スポンサーリンク

賞味期限切れヨーグルトを無駄にしない!安心の使い方2つとは?



賞味期限が切れたヨーグルトを生のまま食べることに不安がある人は、これから紹介する2つの使い方での消費がおすすめです^^

それではさっそく、どんな使い方なのか一覧で見てみましょう。

賞味期限切れヨーグルトの使い方 2つ
  1. 加熱する料理やお菓子に使う
  2. 顔パックに使う


これだとザックリしすぎているので、これから一つずつ詳しい使い方をお話ししていきますね。

賞味期限切れヨーグルトの安心な使い方その1:加熱する料理やお菓子に使う



賞味期限が切れたヨーグルトを食べるときに「雑菌がいるかもしれない」と不安になる人は多いはず。(賞味期限切れして時間がたっているとなおさら^^;)

そんなとき私は、ヨーグルトを加熱する料理やお菓子に使って消費しています。


加熱すれば殺菌できるし、ヨーグルトを美味しく食べて無くすことができるので個人的に結構おすすめな使い方なんですよね^^

ちなみに私がいつも使っているメニューは、

  • カレー(入れるだけでコクが出る)
  • タンドリーチキン(お肉が柔らかくなる)
  • ハンバーグ(しっとりジューシーになる)
  • パンケーキ(果物が入っていても違和感がない)


ヨーグルトはお菓子とも合うんですが、私はお肉を使う料理に使うことのほうが多いかもしれません。

お肉は柔らかくなるしジューシーでうま味も出るので、あなたもぜひ一度試してみてください♪

賞味期限切れヨーグルトの安心な使い方その2:顔パックに使う



賞味期限が切れたヨーグルトを食べることそのものが不安な人は、顔パックとしての使い方がおすすめです^^

ヨーグルトにはピーリング保湿といった効果があるので、お手軽に美肌になれちゃいますよ。


ちなみに私は賞味期限が切れていないヨーグルトもパックに使ってしまっているんですが(笑)、使っていくと肌がツルツルもっちりに変化していくので止められないんですよね~。

ただ、やりすぎすすぎ残しがあると異臭肌荒れになるので注意が必要です^^;

★詳しいヨーグルトパックのやり方はこちら
ヨーグルトパックの効果は3つ!手軽に白モチ美肌を手に入れよう!


さて、ここまで賞味期限切れのヨーグルトについて色々見てきました。
最後にもう一度おさらいをしてからお別れにしましょう^^

まとめ

  1. 賞味期限切れのヨーグルトは、ニオイにおかしな点がなければ食べられる。
  2. お腹が弱い人も安心して食べられる日数の目安は
    • 未開封のプレーンヨーグルト10日15日
    • 未開封の砂糖・果物入りヨーグルト1週間
    • 開封済みのプレーンヨーグルト3日
    • 開封済みの砂糖・果物入りヨーグルト1日

    である。

  3. 賞味期限切れのヨーグルトは、加熱する料理やお菓子、顔パックとして使うと安心。


最後に、賞味期限切れのヨーグルトを食べるときは必ずニオイや色がおかしくないかをチェックしてください。

とはいえ、やっぱりヨーグルトを美味しく食べるには賞味期限を守ったり、開封したら早めに食べるのが一番!


ヨーグルトパックの見える位置に、マジックで賞味期限や開封日を大きく書いておくと忘れにくくなるので、あなたもぜひしてみてください^^

私はこれで賞味期限を切らせることが本当になくなったので!

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ