「納豆を冷凍、解凍して菌や栄養は大丈夫?」
「美味しさを損なわない冷凍方法と解凍方法が知りたい!」


こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

冷凍保存は冷蔵よりも長く保存できるので、とっても重宝しますよね。
納豆が安いときにまとめ買いして冷凍しておけば、お財布にも優しいし!

すえさやすえさや

ちなみに私も、週に1回の買い物で一気に15パックくらい買うので、何パックかは冷凍保存するようにしています♪

でも、「冷凍栄養が壊れる」というイメージの人も多いのでは?

とくに、納豆には健康に効果のある「納豆菌」や「栄養」が含まれているので、なくなったら嫌ですよね…。
納豆の効果6つとは?続けて5年の私が栄養を守る食べ方をご紹介!

そこで今回は、納豆を冷凍したら栄養はどうなるのかをお話ししていきますよ。
また、私も実践している冷凍&解凍方法も一緒に紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ♪

では、さっそく見ていきましょうか!

スポンサーリンク

納豆を冷凍&解凍して菌や栄養は大丈夫なの?


納豆といえば「納豆菌」。
腸内環境を良くしてくれる効果があるし、冷凍で死んでしまわないか心配ですよね^^;

でも、ご安心を!
納豆菌はものすごく強い菌なので、冷凍しても死にません

すえさやすえさや

ちなみに、加熱しても死にませんよ。

にも冷たさにも強く、繁殖能力も高いので「味噌を作るときは納豆を食べるな」と言われるくらい(笑)

しかも、納豆菌は20度…つまり解凍するとまた活動し始めるんです^^
だから納豆菌に関しては、何の心配もいらないでしょう。

ただ、栄養に関しては残念ながら壊れてしまうものも…。

実は、水溶性のビタミンである「ビタミンB群」と「ビタミンC」は冷凍・解凍することで納豆の組織から流れ出てしまうんですよ。

とはいえ、バランスの良い食事をしていれば納豆ぶんの栄養は簡単に補給できるので、気にしなくても大丈夫!

参考までに、納豆を冷凍して壊れる栄養素とその栄養素を多く含んでいる食品類を紹介しておくので、解凍した納豆を食べるときは参考にしてみてくださいね^^

  • ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6に多い
  • ナイアシンに多い
  • ビタミンB12魚貝に多い
  • 葉酸海藻野菜に多い
  • パントテン酸鶏肉に多い
  • ビオチン海藻に多い
  • ビタミンC野菜果物に多い


ちなみに、我が家では朝や昼よりも品数の多い夕食に納豆を食べることで、失った栄養を補うようにしていますよ。

でもまぁ本当のところは、納豆のある効果をアップさせるためにに食べているんですけどね…^^;
納豆の効果的な食べ方のポイント2つとは?続けて4年の私も実感!

さて、ここまで見てくると

  • 納豆は冷凍しても納豆菌死ぬことはない
  • 失われる栄養はあっても、他のもので補える

ことから、「納豆は冷凍しても問題なし!」ということが分かりましたよね。

とはいえ、ただ適当に冷凍するのは良くありません^^;
食感が悪くなったり、冷凍臭くなったりするので…

そこで次は、納豆の味を落としにくくする冷凍方法を紹介しましょう。

納豆の味をまもる冷凍方法とは?

★準備するもの

  • 納豆
  • ラップ
  • シップロックなど密封できるもの

★納豆の正しい冷凍方法

  1. 納豆をパックから出し、ラップにのせる
  2. 納豆を薄く包んだらジップロックに入れる
  3. 金属トレイにのせて冷凍する


ここでのポイントは2つ

乾燥を防ぐために密封すること

早く冷凍するために、納豆を薄くし金属トレイにのせること


納豆は乾燥してしまうとしぼんで硬くなるので、美味しくありません。

なので、空気に触れないようにラップ&ジップロックでしっかり包みましょう。
ジップロックがなかったら、密封できるタッパーでもOK!

また、納豆を解凍したときに食感が柔らかくなりすぎないようにするためにも、早く凍らせることが大事ですよ。

ゆっくり冷凍すると、納豆の中の水分が周りの水分も巻き込んで大きくなりながら凍っていくので、組織が壊されて食感が柔らかくなってしまいますから^^;
早く冷凍すれば、氷になるのも早いので周りの水分も巻き込まないし、食感も壊れません。

すえさやすえさや

ちなみに、日本冷凍食品協会でも「ホームフリージング」するときは、早く冷凍することをおすすめしています^^

そうそう!
私は以前、パックのまま冷凍していたんですけど、これはダメ
なぜなら

  • 冷凍くさい
  • 乾燥して納豆がしぼんで硬くなった

など、悪いことばかりだったから。

なので、ちょっと面倒ですけど納豆を冷凍するときはラップで包むようにしましょう。
ちなみに、冷凍納豆を美味しく食べたいなら保存期間は1~2ヶ月くらいが目安ですよ。

私は3ヶ月くらい経ったものを食べたことがありますが、若干が落ちていました^^;(といっても、普通に食べられましたけどね。)

さて、正しい冷凍方法で凍らせたら、次は食べるために解凍しないといけません!
どうやって解凍するのが一番いいんでしょう?^^

スポンサーリンク

納豆の解凍はコレがおすすめ!


納豆を解凍するなら、冷蔵庫でゆっくりが一番!
食べる前日に冷蔵庫に入れておくようにしましょう。

ちなみに、常温だと(室温にもよるけど)だいたい6~8時間くらいで解凍できますよ。
冷蔵庫よりも早く解凍できるんですが、納豆菌は20度くらいから活動し始めるので、溶けてすぐに食べないと発酵が進んで、が落ちたりニオイがきつくなったりするので要注意^^;

また、電子レンジでの解凍ですが…これはおすすめしません
というのも、血栓を溶かす効果のある「ナットウキナーゼ」という酵素はに弱いんですよね^^;

すえさやすえさや

たとえ解凍モードでも、熱がずっと当たる場所では酵素が壊れているかもしれません。

しかも、加熱しすぎると水蒸気と一緒に納豆のニオイがとんで、電子レンジがかなり臭くなる(笑)

私は一度やらかしたので、もう絶対に納豆の解凍を電子レンジではしません!
拭いてもとれないし、結局ニオイがとれるまで1~2週間くらいかかりました^^;

なので、納豆の解凍冷蔵庫でゆっくりがおすすめですね。
もしも解凍してすぐに食べるなら「自然解凍」でもOKです^^


さて、ここまで納豆の冷凍&解凍について色々見てきましたが、最後にもう一度振り返っておさらいしておきましょう。

まとめ

  • 納豆を冷凍、解凍しても納豆菌死なない
    ただ、水溶性ビタミンである「ビタミンB群」と「ビタミンC」は失われる。
  • 納豆を冷凍するときは、
    1. 空気に触れさせないために、ラップに包みジップロックに入れる
    2. 早く凍らせるために、金属トレイにのせる

    こと。

  • 納豆の解凍方法は、冷蔵庫でゆっくりがおすすめ。
    溶けてすぐに食べるなら「自然解凍」でもOK。


納豆は体にいいので、できれば毎日食べたいところ。
とはいえ、毎日買い物に行くのは結構大変ですよね^^;
そんなとき、納豆を何パックが冷凍しておくととても便利!

ちなみに、我が家では毎週15パック買って2パック分を冷凍するようにしていますよ。
私と夫2人共、毎日納豆を食べているんですが、チャーハンなどに使ったりすると冷蔵しているものがなくなるときがあるんですよね。

でも冷凍した納豆があれば「次の買い物まで食べられない!」という事態にならなくて済むのでかなり助かっています^^

なので、あなたも冷凍保存を上手に使って納豆ライフを送ってくださいね♪

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ