「福岡にある酒蔵「杉能舎(すぎのや)」の蔵開きってどんな感じ?」


こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

年が明け、とうとうやってきました「蔵開き」!

私は去年初めて杉能舎(すぎのや)さんの蔵開きに行ったんですが、あのときは楽しすぎて開催期間中に何度も行くくらいハマっていました(笑)

そして今年も杉能舎さんが蔵開きしたということで、さっそく夫と一緒に参加( *´艸`)


今回も安定の楽しさだったので、さっそくその様子をレポートしますね!
読めば蔵開きの活気あふれる様子が伝わって、あなたもきっと杉能舎さんへ行ってみたくなるはず♪

ということで、さっそく見ていきましょう!


スポンサーリンク

杉能舎(すぎのや)の蔵開きはこんな感じ!


杉能舎(すぎのや)の蔵開きは1月26日(土)から開催されています^^

去年も試飲に食事にもりだくさんの内容だったんですが、今年もイベントたっぷりでした!(だから何度行っても楽しめるんですよね♪)

ここでは、どんなイベントがあったのか…順番に紹介していきますよ~。
まずは杉能舎(すぎのや)に来たら絶対にはずせないコレから!

女将さんから「酒粕汁」のふるまい


蔵開きの時期は寒いので、ど~しても体が冷えがち…。(私たちが行ったときは吹雪いてたし^^;)

だからそんなときに温か~い「酒粕汁」のふるまいは最高にホッとします( *´艸`)

とくに私は発酵食品が好きなので、酒粕+味噌の最強の組み合わせである「酒粕汁」をいただけて、かなりテンションが上がってしまいました♪
その横で夫は「あぁ~うまい、うまい」とブツブツ(笑)


しかも女将さんはとても気さくな方で、酒粕汁の作り方を教えてくださったり、「また来てね」と声をかけてくださったり…。

酒粕汁だけじゃなくて女将さんも温かかったです^^(なんだか心までホッコリしちゃいました( *´艸`))

ちなみに、女将さんいわく「杉能舎(すぎのや)に来て、酒粕汁を飲まんかったら「何しに来た?」ってくらい酒粕汁は有名。」とのこと。

しっかりアルコールを飛ばしてお子さんでも飲めるようにしているので、ぜひいただいてくださいね^^


こうた(夫)こうた(夫)

酒粕汁は、最初に体を温めるために飲んでもよし!食事や試飲のシメに飲んでもよし!

とにかく飲むことが大事(笑)

そして酒粕汁をいただいたら、部屋の奥にある酒蔵資料館をのぞいてみましょう。

雰囲気ある「酒蔵資料館」


酒蔵資料館ではお酒の作り方がまとめられたパネル、使う道具などが展示されているのでとても勉強になります^^
昔ながらの雰囲気もあるし、個人的に資料館は結構おすすめですね。

女将さんから酒粕汁をいただける部屋の奥に資料館があるので、酒粕汁を飲んだあとに見てまわるとスムーズですよ!


さて、酒蔵資料館でお酒の作り方を学んだあとは…いよいよお酒を試飲してみましょう。

種類豊富なお酒の「試飲」

~試飲したらその場で購入もOK~

蔵開きといえば…やっぱり試飲を楽しみたいですよね。
杉能舎(すぎのや)さんはいろんな種類のお酒を作られているので、試飲できるお酒もかなり豊富^^

例えば、

  • まっこり(とろっと濃厚で甘酸っぱい)
  • チョコレートリキュール(もはやチョコレート)
  • ヨーグルトあまおう(ヨーグルト×いちごは間違いない!)
  • ヨーグルトみかん(みかんの酸味で飲みやすい)
  • ヨーグルト柚子酒(香りがすんばらしい☆彡)
  • ヨーグルト梅酒(梅酒よりやわらかい飲みごこち)
  • 梅酒(しっかり梅!でうめ~(笑))
  • 日本酒(5~6種類くらいあった)
  • 甘酒(ノンアルコール)
  • 青汁甘酒(ノンアルコール、1株食べれば1日長生きするという沖縄の「長命草」入り)

などなど。

私と夫は「ヨーグルトあまおう」がお気に入りなんですが、ヨーグルトのお酒はどれも飲みやすくて美味しかったです^^
なのであなたも、ぜひ飲んでみては?


ちなみに私と夫はここで「甘酒」と、試飲にはない「チョコレートエール(ビール)」を購入

甘酒は匂いにクセがないし、甘さもちょうど良くて本当に飲みやすかったです^^

もともと甘酒の香りや味が苦手な私はいつもアレンジして飲んでいるんですけど、杉能舎さんの甘酒はそのままでも飲めました…ビックリ(笑)

チョコレートエールはビールの苦みが苦手な私でも美味しく飲めたので、女性にもおすすめですね。
カカオが入っているので、バレンタインのプレゼントにもいいかもしれません♪


さて、杉能舎(すぎのや)の蔵開きはまだまだ楽しむところ満載!
お次は、食いしんぼう必見のグルメを見てみましょう( *´艸`)

絶対に満腹になる「グルメ&お酒」


杉能舎(すぎのや)の蔵開きでは、たくさんの食べ物&お酒を楽しむことができます^^

例えば、私と夫が食べたものだと

  • 酒粕まんじゅう(酒粕の香りがふんわり)
  • カキフライ(やわらかカキのうま味がぎゅっ)
  • カキめし(カキがごろごろ贅沢!)
  • 塩糀おでん(塩麹でつゆまで美味しい)
  • 白ソーセージ(ボリューミーでまるで肉そのもの)
  • 酒粕牛すじカレー(カレーと酒粕が意外と合う)
  • 手作りパン(酒粕ベーグルがおすすめ☆)
  • 焼きたてピザ(15分くらいかかるけど待つ価値あり)

などなど。

ほかにも焼き牡蠣、海鮮セット、牛すじの土手煮など(ここで書ききれないくらい)たくさんの食べ物があるので、あなたもきっと大満足するはず♪


お酒は1種類のお酒をしっかり楽しむのもいいですが、杉能舎(すぎのや)では飲み比べがおすすめです( *´艸`)


私と夫はビール4種の飲み比べを楽しんだんですが、日本酒3種の飲み比べもあるのでぜひ試してみてくださいね。

すえさやすえさや

ちなみにビール4種の飲み比べは、苦みなどの味やあと味の違いを実感できました^^

お土産に買ったものをご紹介!

1.酒粕入りベーグル

種類はいろいろあったんですけど、私と夫がそれぞれ試食で気に入ったチーズチョコチップを購入。

口に入れた瞬間に酒粕の香りがふわっとするんですけど、酒粕の香りが苦手な夫でも「うまい」と絶賛していました^^

なので、酒粕が苦手な人お子さんにも結構おすすめです♪

2.酒粕ペースト

酒粕は家にあるんですが、この酒粕ペーストは最初から柔らかくなっていて「使いやすさ」に惹かれて購入しました( *´艸`)

料理にそのまま入れてもOK、にパックしてもOKの便利商品なせいか、私が行ったときはもう残り少なかったです^^;

かなり人気みたいなので、あるときに買っておいたほうがいいかもしれませんね!


さて、ここまで飲んで食べてとめいいっぱい楽しんだら、最後はちょっとのんびりのほほんとしてみましょう。

じんわり温まる「うで湯」でお肌もすべすべ

~うで湯を見つけて、かけよる夫(笑)~

杉能舎(すぎのや)のうで湯が白く濁っているのは「酒粕」を溶かし入れているからです^^

だから、普通のお湯よりも浸けたあとのポカポカが長く続くし、お肌もすべすべ

しかもベンチに座りながらうで湯をしていると、自然とほかのお客さんとお話しできる機会にめぐまれたり…( *´艸`)

なので、あなたもぜひタオル持参で「うで湯」をしてみてくださいね♪


ということで、ここまで杉能舎(すぎのや)の蔵開きについて見てきました。
こ~んなに盛りだくさんな内容に、あなたもきっと行ってみたくなったはず^^

そんなあなたのためにお次は「いつまで開催しているのか」「どうやって行けばいいのか」をお話ししていきますよ~!

杉能舎(すぎのや)の蔵開き開催日と行き方は?

蔵開きの開催日

杉能舎(すぎのや)の蔵開きは、1月26日(土)~3月3日(日)までの毎週土日祝日に行われています^^(時間は10時~17時まで)


ここであなただけにお話しするんですが、実は遅い時間(16時くらい)に行くか早い時間(13時くらいまで)に行くかで「楽しめるポイント」が全然違うんですよね。

私は去年の蔵開き期間中に何度も行って分かったんですが、遅い時間に行くと

  • 食べ物や商品がほとんど売り切れ
  • でも人が少ないぶん、スムーズに試飲できる
  • 酒粕汁をふるまってくれる女将さんと、たくさんお話しできる
  • うで湯をひとりじめできる

こんな風に、静かな雰囲気の杉能舎(すぎのや)でのんびりすることができるし、逆に早い時間に行くと

  • 女将さんと会話できない
  • お酒の試飲もかなり順番を待つ
  • でも食事も商品もたっぷり豊富!
  • うで湯で他のお客さんと会話がはずむ

といった感じで、活気あふれる杉能舎(すぎのや)を体験できます。

早く行っても遅くいってもそれぞれの楽しみ方ができるので、蔵開きは1回だけじゃなくて複数回行ったほうが絶対楽しめますよ♪

すえさやすえさや

私も夫も今年の蔵開きに何度も行く予定なので、もしかしたらあなたとお会いするかも(笑)

では、そんな長期開催している杉能舎(すぎのや)の蔵開きにはどうやって行けばいいんでしょうか?

杉能舎への行き方

1.ハンドルキーパーがいる場合

  • 杉能舎の住所「福岡県福岡市西区元岡1442」をナビで設定する
  • 自力でたどり着く
    1. 西九州道の今宿ICを降りて直進し、徳永交差点まで道なりに進む
    2. 徳永交差点を右折し、九大新町口交差点までひたすら直進
    3. 九大新町口を左折して道なりに進んでいくと、右手に杉能舎の看板が見えてくる


酒蔵へはでも行くことができるんですが、駐車場が30台分くらいしかないので待たないといけない可能性がかなりあります^^;

なのでスムーズに杉能舎へ入りたかったり、みんなでお酒を楽しみたいときは無料送迎バスがおすすめですね。

2.無料送迎バスを使う場合

1.JR筑肥線「九大学研都市駅」で下車する
2.北口から出たら「杉能舎 新春蔵開き 無料シャトルバス」の張り紙を探す
(北口に面している道路に乗り場があります^^)

九大学研都市駅 → 杉能舎 杉能舎 → 九大学研都市駅
10:00
11:00 11:30
12:00 12:30
13:00 13:30
14:00 14:30
15:00 15:30
16:30


基本的には1時間おきなんですが、人が多いときは頻繁に行き来しているので時間外でも乗ることができますよ^^

さて、ここまで杉能舎で行われている蔵開きについて見てきましたが、最後にもう少しだけお話ししたいことがあるのでお付き合いくださいね。

まとめ

  • 杉能舎(すぎのや)の蔵開きでは
    1. 女将さんから「酒粕汁」のふるまい
    2. 雰囲気ある「酒蔵資料館
    3. 種類豊富なお酒の「試飲
    4. 絶対に満腹になる「グルメ&お酒
    5. 酒粕入りでぽかぽか「うで湯

    を楽しむことができる。


去年に引き続き、今年も杉能舎(すぎのや)さんの蔵開きに行ったんですが、変わらず楽しい時間を過ごすことができました^^

来ている人の年齢層も様々で、なかにはお子さん連れの人たちも。
お酒を飲む場でもマナーがいい人ばかりだったので、気になるならぜひ来てみてくださいね。

きっとあなたも杉能舎(すぎのや)のとりこになるはずです♪

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ