「発酵食品の美肌効果が知りたい!」
「パックにするなら、どれがおすすめ?」


こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

私は今26歳なんですが、肌年齢18歳と実年齢より「8歳」も下なんですよね。
よく「白くて綺麗な肌だね~」と褒めてもらうことが多いんですが、実はそれもこれも全部「発酵食品」のおかげ!

すえさやすえさや

ちなみに、発酵食品をあんまり食べていなかった(21歳の)ときは、肌年齢が「24歳」でした^^;

とはいえ「美肌は1日にしてならず」、発酵食品の特徴を理解しつつ、継続しないと意味がありません。

そこで今回は、あなたも発酵食品で美肌になれるように

  • 美肌にいいと言われる理由
  • 効果を高める食べ方
  • 肌に直接パックするのにおすすめのもの

を紹介していきますね。

美肌への第一歩のために、最後まで必読ですよ!
ではさっそく見ていきましょう^^

スポンサーリンク

どうして美肌にいいの?発酵食品が持つ効果3つとは?


発酵食品が美肌に良いと知ってはいても、具体的に何が良いのか知っている人って少ないのでは?
どうして美肌効果があるのか…」それを知っているだけで続けるモチベーションになるので、知っておくことはとっても大事^^

じゃあ~どんな効果を持っているのか、まずは一覧で見てみましょう。

【発酵食品の美肌効果 3つ】
  1. 腸内環境を整える
  2. 栄養が豊富
  3. 吸収率がアップする


ざっくりしすぎてよく分からないと思うので、もう少し詳しくお話ししていきますね。

発酵食品の美肌効果その1:腸内環境を整える


腸内環境が乱れると、どうしても

  • 便秘
  • 下痢

になりがち…。

でもこれらは「美肌」の大敵なんですよ!
ちゃんと改善しないとお肌は荒れるばかり^^;

なぜなら、溜まった便から吸収された毒素吹き出物をつくったり、肌細胞を作るのに必要な栄養が下痢によって吸収できず、栄養不足になってしまうから。

すえさやすえさや

ちなみに肌年齢が18歳の私は、便秘しないしお腹を壊すこともほとんどありません。
だから我が家は、整腸剤下痢止めを置いていないんです^^

とはいえ「腸内環境を良くするってどうしたらいいの?」と思う人も多いでしょう。
そこで発酵食品の出番!

発酵食品はによって作られているので、食べるとその菌も一緒に取り込むことになります^^
生きたまま腸に着く菌や、途中で死んでしまう菌など様々なんですが、どうなってしまっても「発酵食品をつくる菌」には腸内の善玉菌を増やす働きがあるんですよね。

死菌は効果がないと思われがちですけど、善玉菌のエサになるので無駄じゃありません^^

だから発酵食品を継続して食べることで腸内の善玉菌が増え、便秘や下痢などが起きにくくなるんですよ。

発酵食品の美肌効果その2:栄養が豊富


発酵食品は、もとの食材よりも栄養価が高いって知ってますか?

たとえば、牛乳ヨーグルトだと

  • カリウム :牛乳 150mg、ヨーグルト 170mg
  • カルシウム:牛乳 110mg、ヨーグルト 120mg

など、11種類の栄養素がアップ↑

きゅうりと、きゅうりのぬか漬けだと

  • マグネシウム:きゅうり 15mg、ぬか漬け 48mg
  • ビタミンK  :きゅうり 34µg、ぬか漬け 110µg

など、20種類の栄養素がアップ↑

※文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」を参照、100gあたりの数値


摂った栄養素は、内臓筋肉の細胞を作ったり維持するためにも使われるので、不足すると肌細胞まで栄養が回らずに肌が荒れがちになってしまいます^^;

でも栄養をしっかり摂ることができれば、肌細胞もしっかり作られるし維持もできるので健康な肌をゲットすることができますよ。

それに、発酵食品には美白成分が多く含まれているのも嬉しいところ♪
例えば、

  • ビタミンB群
  • アルブチン
  • アミノ酸
  • セラミド

など。

化粧品美容ドリンクに使われているものばかりなので、知っている人も多いのでは?

すえさやすえさや

ちなみに私の肌は白いんですが、美白成分入りの化粧品を使ったことはありません^^

紫外線対策も、外出時に日焼け止め(SPF35 PA+++)と日傘をするくらいですし。
だから本当に発酵食品さまさまなんですよね。

発酵食品の美肌効果その3:吸収率がアップする


発酵食品には栄養がたっぷり!」というお話しをしましたが、実は発酵食品って吸収率もいいんですよ。

なぜなら、発酵食品はによって食品がある程度「分解」されている状態だから!

そのため、もともとの食品では吸収率が悪い栄養素も、発酵食品になると吸収しやすくなっているんです^^

たとえば、

  • カルシウム
  • ビタミンC
  • カロチン

などは、発酵食品でとると吸収率が高くなる。


だから肌にもしっかり栄養が届きやすくなり、美肌になれるというわけ!

美肌というと肌のお手入れを念入りにしがちですが、意外と体内からのケアが大事だったりするんですよね^^;
私も化粧品では消えなかったニキビや吹き出物が、発酵食品を食べるようになって消えましたし。

だから美肌への第一歩は「発酵食品を食べること」なんです。

とはいえ、とにかく食べればいいってもんじゃありません^^;
発酵食品は食べ方も大事なんですよ。

そこで次は、発酵食品をどう食べれば「美肌効果」をより高められるのかをお話ししていきますね。

スポンサーリンク

食べればいいってもんじゃない!美肌効果を高める発酵食品の食べ方とは?


発酵食品には、いろんな種類があります^^
だからこそ食べ方に迷ってしまうんですが、私のおすすめは

  • 植物性の発酵食品を多めに
  • 複数の菌

を摂ること。

動物性の発酵食品(チーズや牛乳ヨーグルト)などは、脂質が多いので食べ過ぎると美肌によくありません^^;

そもそも、日本で昔から食べられている発酵食品って植物性のもの(味噌や酒粕など)が多いんですよね。
だから動物性に比べて植物性のほうが、私たちの体との相性もいいんです♪

すえさやすえさや

とはいえ、食べちゃダメということではありません^^
分量を少なめにするというのがポイントですよ!

そして発酵食品を食べるときは、「複数の菌」を摂るようにしましょう。
例えば、納豆菌+乳酸菌+麹菌とか。

参考までに、菌ごとの発酵食品を紹介しておきますね。

★発酵食品の菌別一覧

  • 乳酸菌:ヨーグルト、チーズ、ぬか漬けなど
  • 納豆菌:納豆
  • 麹菌:味噌、醤油、日本酒、酒粕、塩麹、醤油麹など
  • 酢酸菌:お酢、ナタデココなど
  • 酵母菌:ビール、ワイン、パンなど


ちなみに私は、いつも

  • 納豆菌(納豆)
  • 酢酸菌(お酢)
  • 乳酸菌(豆乳ヨーグルトとぬか漬け)
  • 麹菌(酒粕)

をメインに食べています。

納豆を単体で摂っていた時に比べて複数の菌を摂っている今のほうが、お腹や肌の調子がいいので、あなたもぜひ試しあれ^^

発酵食品によっては家で手軽に作れるものもあるので、コスパを考えるなら手作りもおすすめです♪


あ、そうそう!
発酵食品を食べるときは「加熱NG」にすると、美肌効果を無駄にすることなく得ることができますよ。

というのも、発酵食品を作る菌は熱に弱いものがほとんど^^;

それに、発酵食品に含まれている酵素は加熱してしまうと働きを失ってしまうんです…。
自体は死んでしまっても問題ないんですが、酵素のことを考えると加熱をしないのが一番なんですよね。

とはいえ、いつもで食べることを考えるとかなり使いにくくなるので、加熱する料理で食べた翌日は加熱しない料理で…というふうに食べ分けると負担がなくて楽ですよ^^

さて、ここまで発酵食品の食べ方についてお話ししてきました。
でも実は、発酵食品って食べる以外に「パック」として使うことができるものもあるって知ってましたか?

すえさやすえさや

美肌成分ダイレクトに肌に与えることができるので、肌を綺麗に保ちたいならパックもおすすめです♪

なので次は、発酵食品でする「パック」についてお話ししていきますね。

栄養を肌に直接!パックにおすすめの発酵食品5つとは?


私がパックに使っている発酵食品はズバリ5つ
それは、

  1. 酒粕
  2. 甘酒
  3. 塩麹
  4. ヨーグルト
  5. お酢(パックではないが、洗顔として)

です^^

どれも美肌に効果はあるんですが、実は私、目的別に使い分けするようにしているんですよ。
だから今回は、せっかくこの記事を読んでくれているあなたのために、それを紹介しますね♪

目的別におすすめの発酵食品パック
★コスパ優先

★美白優先

★ピーリング優先

★ニキビ予防優先

★低刺激優先


※パックをするときは、必ずパッチテストをしましょう


私は夏になると「酒粕パック」をメインにして、シミ対策をしています^^
ちなみにそれ以外の季節では、低刺激の「甘酒パック」をすることが多いですね。

なのであなたも、季節の状態に合わせて使い分けをしてみてください♪

さて、ここまで発酵食品の美肌効果について色々見てきました。
かなり長かったので、「最初のへんはもう忘れた!」という人も多いのでは?(笑)

そこで最後にもう一度、おさらいをしておきましょう^^

まとめ

  • 発酵食品の美肌効果3つとは
    1. 腸内環境を整える
    2. 栄養が豊富
    3. 吸収率がアップする

    ことである。

  • 効果を高める食べ方とは
    1. 植物性の発酵食品を多めにする
    2. 複数の菌をとる
    3. 加熱しない

    ことである。

  • パックにおすすめの発酵食品は
    1. 酒粕
    2. 甘酒
    3. 塩麹
    4. ヨーグルト
    5. お酢(パックではないが、洗顔として)

    である。



発酵食品には美肌効果がありますが、これはすぐに現れるものではありません^^;
私自身、食べ始めてから半年、パックでは2ヶ月くらいかかりました。

でも、それまでに

  • 便秘下痢が改善
  • 体温が上がる
  • 風邪をひきにくくなった

などの変化を実感することができるので、気長に続けていきましょう。

食べるのは少量でも、継続することが大事ですからね!

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

この記事と関連のあるページ