「ぬか床に米麹を入れるとどんな効果があるの?」


こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

ぬか床に米麹を入れると良い」というのを聞いたことがある人は多いはず。
でも、何がどう良いのかまで知っている人って意外と少ないのでは?

ちなみに私も祖母からぬか床について教えてもらったとき「ぬか床に米麹を入れんさい」と言われたんですが、そのときはふ~んと聞き流すだけで実践すらしていませんでした^^;

すえさやすえさや

だって、米麹は甘酒・塩麹・醤油麹を作るから貴重なんだもん!(泣)

でもここ2年くらいですかね、ぬか漬けの味をもっと良くしようと思ってぬか床に「米麹」を入れるようにしたんです。

そうしたら、思っていた以上にぬか床に良い影響が!

「こんなことなら最初から祖母の言うとおりにしておけばよかった~^^;」とちょっと後悔したので、この機会にあなたにも

  • ぬか床に米麹を入れて得られる効果
  • 米麹の分量

についてお話ししておきますね^^

最後まで読めば、あなたのぬか漬けもさらに美味しくなること間違いなし!
ということで、さっそく詳細へレッツゴー♪


スポンサーリンク

さらに美味しく!ぬか床に米麹を入れて得られる効果2つとは?


ぬか床に米麹を入れて得られる効果は2つあります^^
どんな効果かというと…。

ぬか床に米麹を入れて得られる効果 2つ
  1. ぬか床の乳酸菌が増える
  2. ぬか漬けに少し甘みが出る


そう、米麹をぬか床に入れるとこんな効果があったんですね!
もう少し詳しく知るためにも、これから順番にお話ししていきますよ~。

まずは1つ目の効果「ぬか床の乳酸菌が増える」についてです^^

ぬか床に米麹を入れて得られる効果その1:ぬか床の乳酸菌が増える

ぬか漬けを作っていると「だんだん酸味がなくなってきた~」って困ることありませんか?

そんなときは乳酸菌が減っている証拠なので、米麹を入れてみましょう。
ぬか床の乳酸菌を増やすことができますよ^^


というのも、麹菌がつくる酵素によってできた「オリゴ糖」や米麹がもともと持っている「食物繊維」なんかは、乳酸菌にとって最高のごはんなんですよね。

だからぬか床に米麹を入れると、オリゴ糖や食物繊維をエサにして乳酸菌がどんどん増えていってくれるんです^^

もちろん、米麹だけでは乳酸菌が増えない場合もあるので、そのときは他の対策もしてみてくださいね。

★ぬか床の乳酸菌の増やし方はこちら
ぬか漬け歴50年以上の祖母直伝!乳酸菌を増やすコツ5つとは?

すえさやすえさや

ちなみに、私はぬか床を常温保管しているんですが、そこに米麹を入れて1日放置したところ、(室温20度以上の場合)表面が膨らむくらいの発酵が起きました。

乳酸菌が増えれば

  • ぬか漬けの酸味アップ
  • 乳酸によって雑菌が繁殖しにくくなる
  • 食材が早く漬かる

などの良いことも起きるので「酸味が足りないな~」と思うときには、米麹を入れてみるといいですよ♪


ということで、ぬか床に米麹を入れて得られる効果1つ目「ぬか床の乳酸菌が増える」についてでした!
お次は2つ目の効果「ぬか漬けに少し甘みが出る」について見ていきましょう( *´艸`)

ぬか床に米麹を入れて得られる効果その2:ぬか漬けに少し甘みが出る

ぬか床に米麹を入れると、ぬか床の中で米麹の酵素が「オリゴ糖」をつくるので漬けた食材にも少しだけ甘みが移ります。

とはいっても、はっきり分かる「強い甘み」じゃなくて感じるか感じないかくらいの「ほのかな甘み」なんですけどね^^

すえさやすえさや

でも「ほのかな甘み」はうま味のひとつになるので、感じられるとぬか漬けがより美味しくなりますよ♪

ただ、オリゴ糖は乳酸菌のエサになるのでかき混ぜをちゃんとして、乳酸菌が増えすぎないようにしないといけません。
(乳酸菌が増えすぎると、甘みよりも酸味のほうが強くなっちゃいますから^^;)

ちなみに、私がぬか床に米麹を入れるときは…
米麹を入れて2日くらいはぬか床が膨らむほど発酵がすごいので、かき混ぜをいつもよりしっかりめにしています^^(常温保存の場合)

ただ、冷蔵保存だと菌の活動が抑えられるので、いつも通りのお世話でも大丈夫でしょう。


ということで、ぬか床に米麹を入れて得られる効果2つ目「ぬか漬けに少し甘みが出る」についてのお話はこれでおしまいです。

ここまで読んできて、あなたもぬか床に米麹を入れてみたくなったのでは?^^
とはいえ、ぬか床に適当に米麹を入れるのはちょっと怖いですよね。ぬか床がおかしくなったら嫌だし…。

なのでお次は、ぬか床と米麹の割合についてお話ししていきますよ~♪


スポンサーリンク

ぬか床に入れる米麹の分量はどのくらい?


ぬか床に米麹を入れるときどのくらいの分量がいいのかですが、ぬか床1kgに対して約50g~100gくらいがおすすめですね。

米麹の分量が50~100gとかなり差があるんですけど、これはあなたのぬか床の

  • 発酵具合
  • 酸味の強さ

によって調節してください^^

例えば、今のぬか床(1kg)が

  • しっかり発酵している(食材がすぐ漬かる)
  • 酸味が強い

状態だったら、米麹は50gくらいの少ない分量から試すのがベスト。


すでにしっかり発酵しているぬか床に米麹を入れると、さらに発酵が進んで酸っぱくなりすぎることがあるんですよね。

酸味が強いと甘みも感じにくくなるので、過剰発酵を防ぐためにも常温(夏)だったら1日4~5回、常温(冬)や冷蔵庫だったら1日1回くらいはかき混ぜたほうがいいかもしれません^^;

逆に、今のぬか床(1kg)が

  • あまり発酵していない(食材の漬かりが悪い)
  • 酸味が弱い

状態だったら、米麹を一気に100g入れても大丈夫!


もともと乳酸菌が少ない状態なので、かき混ぜもそこまで神経質にならなくていいですよ。
常温(夏)だったら1日3回、常温(冬)や冷蔵庫だったら2日に1回くらいでOK。

少量の米麹でもぬか床には何かしら変化が出るので、ぬか床のお世話に慣れていない人や変化が不安な人は少しずつ入れていくと安心でしょう。

すえさやすえさや

私も最初は、3kgのぬか床に対して150gしか米麹を入れられませんでした…心配で(笑)
でも今では、300gくらい一気に入れちゃいます^^

ということで、ぬか床に米麹を入れて得られる効果や入れる分量についてのお話はこれでおしまいです。
でももう少しお話ししたいことがあるので、あとちょっとだけお付き合いくださいね(^^♪

まとめ

  • ぬか床に米麹を入れて得られる効果2つとは
    1. ぬか床の乳酸菌が増える
    2. 少しぬか漬けに甘みが出る

    である。

  • ぬか床に米麹を入れるときは、ぬか床1kgに対して米麹50~100g


ぬか床に米麹を入れて1週間くらいは、米麹の硬さが目立つので混ぜるときに少し気になるかもしれません^^;(結構ゴリゴリするので)

でも2週間くらい経つころには、ぬか床の水分を吸って米麹は軟らかくなるし、だんだん溶けて消えていくので最初だけ我慢ですよ。

すえさやすえさや

米麹はスーパーで手軽に買えるし、あなたもぜひぬか床をパワーアップさせてくださいね♪


ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ