「ぬか床は冷蔵庫と常温、どっちで保存したほうがいいの?」

こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

最近ぬか漬けを手作りする人が増えてきましたが、きっと多くの人が冷蔵庫での保存を考えていることでしょう。

すえさやすえさや

だって市販のぬか床は、ほとんどが冷蔵庫で保存するように説明されているもんね^^;

とはいえ、ぬか漬けって冷蔵庫がない時代から食べられていたし「だったら常温でも良いんじゃ…」と迷っている人もきっといるはず。(ちなみに私は常温保存派^^)

実はぬか床の冷蔵保存常温保存も、それぞれに良いこと悪いことがあります。
大事なのはそれらを知って、自分のライフスタイルにあった方法をとること!

ここでは冷蔵庫と常温それぞれのメリット&デメリットを紹介しているので、ぜひあなたに合った保存方法を選ぶときの参考にしてみてください^^

また最後には気になる臭い虫の侵入対策を紹介しているので、そちらもどうぞ♪

ではさっそく、ぬか床の冷蔵庫保存から見ていきましょう!

スポンサーリンク

ぬか床を冷蔵庫で保存するとどうなる?


今スーパーとかで販売されているぬか床(すでに発酵されているもの)って、ほとんどがジップロックタイプで冷蔵庫で保存することを第一に考えられていますよね^^

でも私はぬか床のお世話の仕方を祖母に教えてもらったので、昔ながらの常温保存派。
だから、どうしてこんなにもぬか床の冷蔵庫保存が流行っているのか、よく分からなかったんですよ…。

だから試しに、冷蔵庫と常温の保存にどんな違いがあるのか、8月~11月4ヶ月だけぬか床を冷蔵庫で保存することにしました。

すると常温保存では知らなかった「冷蔵庫保存のメリット&デメリット」を知ることができましたよ^^
それをあなたにも紹介しますね。

ぬか床を冷蔵庫で保存するメリットは3つ!

~ぬか漬け盛り合わせ~

冷蔵庫保存のメリットその1:かき混ぜる回数が少なくて済む

もともとぬか床をかき混ぜるのは、乳酸菌の増えすぎ予防など「菌のバランス」を整えるために行います^^

でも冷蔵庫だと乳酸菌を含む色んな菌の繁殖が抑えられるため、かき混ぜがそんなにいらないんですよね。
だから常温に比べると、お世話がめっちゃでした(笑)

すえさやすえさや

夏場の常温だと1日に2~3回のかき混ぜが必須なんですけど、冷蔵庫なら2~3日に1回でOK!

この手間のかからなさ冷蔵庫保存の人気なのかな~としみじみ実感。

冷蔵庫保存のメリットその2:ぬか床がカビにくい

冷蔵保存では菌自体の繁殖が抑えられるので、水分を含んでいるぬか床でもカビが生えにくくなります^^

常温だと塩分濃度や乳酸菌の出す乳酸がしっかりしてないとカビが生えてしまう可能性があるんですが、冷蔵庫だと塩分や酸味が少なくてもカビが生えることはありませんでした。

すえさやすえさや

とくに私が実験した8月~9月は湿度が高かったので、カビにおびえなくてもいい冷蔵庫保存はかなり気持ちが楽でしたね^^

冷蔵庫保存のメリットその3:最初から冷たいぬか漬けが食べられる

常温で漬けていると、夏場はどうしても温かいぬか漬けが出来上がります^^;
だから食べる前に1度、冷蔵庫で冷やさないと美味しくいただけないんですよ。

でも冷蔵庫で保存していると、ぬか漬けが最初から冷たい
取り出してすぐにご飯と一緒に食べられるので、無駄な時間がかからなくて便利でした。

さて、ここまでは冷蔵庫保存のメリットを見てきましたが、次は気になるデメリットについてです。

ぬか床を冷蔵庫で保存するデメリット2つとは?

~足しぬかをしても冷蔵だとなかなか発酵しません~

冷蔵庫保存のデメリットその1:乳酸菌が減っていく

冷蔵庫の温度は低すぎて、乳酸菌にとってはかなり活動しにくい状況なんですよね。
だから冷蔵庫にぬか床をず~っと入れっぱなしにしていると、繁殖できない乳酸菌はどんどん減っていってしまいます…。

その結果、酸味旨味が減って塩味が強いだけのぬか漬けに。

すえさやすえさや

ちなみに私のぬか床の場合は、最初の2週間くらいは美味しかったものの、3週間目くらいから味気ないぬか漬けができるようになりました^^;

乳酸菌が減ると冷蔵庫保存でもぬか床にカビが生えることがあるので、1週間のうち1日常温に置いておくことをおすすめします^^

冷蔵庫保存のデメリットその2:漬かるのに時間がかかる

冷蔵庫保存は乳酸菌の活動が鈍るので、食材の漬かりが遅くなるのは仕方のないこと…。
でも夏場の常温だと4時間くらいで漬かる「きゅうり」が、冷蔵庫だと1日くらいかかるんですよ^^;

我が家では毎日ぬか漬けを食べるし、夫のお弁当にもぬか漬けを入れているので、この漬かり具合の遅さはちょっと困りました。
いつもは冬場の常温でも、暖房のついている部屋に置いていたのでそれなりに早く漬かっていたんですが、冷蔵庫保存だとそれができず…。

すえさやすえさや

ぬか漬けをあまり食べない人はいいかもしれませんが、よく食べる人には冷蔵庫保存は不便かもしれませんね^^;

さて、ここまでぬか床の冷蔵庫保存についてみてきましたが、次は常温保存について見てみましょう。

スポンサーリンク

ぬか床の常温保存は昔ながらの方法!


昔は冷蔵庫がなかったので、ぬか床は常温で保存するのが普通でした。
最近は冷蔵庫保存が主流ですが、私は昔ながらの方法にこだわりたかったので、ぬか漬けを漬け続けて50年以上の祖母に色々と教えてもらいながら、毎日ぬか床のお世話をしています^^

すえさやすえさや

常温でぬか床をお世話して2年以上…。
やっぱり常温保存にしてよかった!」と思えるのはメリットがあるから^^

これから「常温保存のメリット&デメリット」を紹介していくので、あなたにもぬか床の常温保存について知ってもらえると嬉しいです♪

ぬか床を常温で保存するメリット3つとは?

常温保存のメリットその1:ぬか漬けがすぐにできる

常温保存だと乳酸菌の動きが活発なので、食材がすぐに漬かります^^
夏場だと根菜でも半日あれば漬かるしね。

我が家はぬか漬けを良く食べるし、夫の実家にも持っていくことが多いので漬かりが早いのはかなり助かるんですよ。

常温保存のメリットその2:ぬか床自体が美味しくなる

常温でぬか床を保存すると、冷蔵庫保存とは違って乳酸菌が活発に動きます^^
するとぬか床はどんどん発酵

ほどよい酸味旨味を持ち合わせた、最高に美味しいぬか床が出来上がるんですよ。
そして美味しいぬか床は、なんと料理に使っても美味しいというね♪
ぬか漬けのぬかを食べる!今すぐできる美味しいレシピ3つとは?

でもこれって、ぬか床がちゃんと発酵しているからこそ成り立つこと。
だって発酵が足りてないぬか床を食べてみたけど、ヌカ臭い塩辛いしで全然美味しくなかったから^^;

ぬか床の美味しさはぬか漬けの美味しさにもつながっているので、にこだわるならやっぱり常温保存が良いんですよね。

常温保存のメリットその3:お世話のしがいがある

常温保存は冷蔵保存と違って、ぬか床にすぐ影響がでます^^
どういうことかというと、世話を怠れば比較的すぐに酸味が強くなったり臭いがおかしくなったりの異変がでるし、旨味を増やすために昆布や山椒を入れれば1~2週間後には馴染んでぬか床が美味しくなる…みたいな。

私は4ヶ月冷蔵庫でぬか漬けを保存しましたが、ペットみたいに愛着がわいたのはやっぱり常温の方でした^^

すえさやすえさや

反応があって面白いし、「なんかもう、私がいないとダメね…この子は」みたいな心境になるんですよね(笑)

常温で保存すると毎日のかき混ぜは必須ですが、その日によってぬか床の状態が違うので

  • 実験が好きな人
  • お世話が好きな人
  • 変化を楽しみたい人

には、常温保存が結構おすすめです♪

さて、ここまでは常温保存のメリットを見てきました。
次はデメリットについて見ていきましょう。

ぬか床を常温で保存するときのデメリットは2つ!

~常温保存はかき混ぜ命!~

常温保存のデメリットその1:夏場のお世話が大変

常温でぬか床を保存するときに1番大変なのは「夏場」です^^;
乳酸菌が活発に動くのは20~25度なんですが、30度近くなると乳酸菌を含む色んな菌が大繁殖

菌のバランスが崩れると、

  • 酸っぱくなりすぎる
  • シンナー臭がする
  • ぬか床の表面が白くなる

などの異変が起こる(もし起きたとしても復活可能な)ので、これらを防ぐためにもかき混ぜがすごく大事になってきます。

私は猫を飼い始めてからは室温を25度くらいを保っているので、かき混ぜは1日に2~3回でいいんですが、祖母宅の場合はクーラーがない場所に置いてあるため、ぬか床にラップをひいて保冷剤を置いたり、かき混ぜを1日5~6回もするんですって!(驚)

常温保存のデメリットその2:雑菌が繁殖しやすいので油断できない

雑菌が繁殖しやすいとは言いますが、基本的にちゃんとお世話をしていればカビが生えることも腐ることもありません^^

というのも、常温で保存していると乳酸菌が元気なので、たとえ雑菌が入ってきたとしても乳酸菌が自分たちで殺してしまうんですよね。
しかも乳酸菌の出す乳酸や、ぬか床の塩分には雑菌の繁殖を抑える効果もあるし^^

すえさやすえさや

私のぬか床は梅雨だろうと真夏だろうと常温保存ですが、全くおかしくなっていません。
これもお世話をちゃんとしているから!

さて、ここまでぬか床の冷蔵庫保存と常温保存、それぞれのメリット&デメリットを見てきました^^

でもいざ、冷蔵庫保存や常温保存を選ぶとなるとアノ問題が気になりませんか?
そう、臭いです!

冷蔵庫は閉め切っているから臭いが充満しそうだし、常温は虫の侵入が気になる…なんて思っている人は意外と多いはず…。

そこで参考までに、次は臭いと虫の対策法を紹介しておきますね。

ぬか床の臭いや虫の侵入を防ぐには?

~この上に蓋をして虫予防~
ぬか床の臭いを充満させないためには、容器の蓋をきっちり閉めておけば臭いが漏れることはありません。
ただ、ぬか床って基本的に密封しないほうがいいんですよね。(祖母談)

というのも、密封にするとぬか床の水分が蒸発しないからすぐベチャベチャになるし、空気が苦手な乳酸菌酪酸菌繁殖しやすいんですって。

冷蔵庫保存なら菌自体の動きも鈍くなっているので閉めたままでもいいでしょうが、長期間の放置と水分管理の放置はしないようにしましょう^^

もしも常温でぬか床を保存するなら、広い場所に置いておけば臭いは気にならないので蓋は密封しなくてもOK!

すえさやすえさや

かわりに虫の侵入を防ぐために、ガーゼ不織布をかぶせてゴムでとめておくといいですよ。

私は冷蔵庫で保存していたとき普段は密封しておいて、週に1日常温に置くときはガーゼをして蓋は軽く置くくらいにしておきました^^

ちなみに今はカメを使っているので、カメに不織布+ゴムをして上から蓋をしています。



臭いを防ぐためには密封したほうがいいんですけど、そうするとぬか床によろしくないのでたまに空気にあててあげるようにしてくださいね。

さてここまで長々と見てきたので、もう冷蔵庫保存と常温保存それぞれのメリット&デメリットは忘れっちゃったのでは?
最後にまとめて紹介しておくので、復習がてら振り返ってみてください^^

まとめ

  • ぬか床を冷蔵庫で保存するメリット3つとは
    1. かき混ぜる回数が少なくて済む
    2. ぬか床がカビにくい
    3. 最初から冷たいぬか漬けが食べられる

    である。

  • ぬか床を冷蔵庫で保存するデメリット2つとは
    1. 乳酸菌が減っていく
    2. 漬かるのに時間がかかる

    である。

  • ぬか床を常温で保存するメリット3つとは
    1. ぬか漬けがすぐにできる
    2. ぬか床自体が美味しくなる
    3. お世話のしがいがある

    である。

  • ぬか床を常温で保存するときのデメリット2つとは
    1. 夏場のお世話が大変
    2. 雑菌が繁殖しやすいので油断できない

    である。

  • ぬか床の臭いを充満させないためには、容器のをきっちり閉めておくこと。
    ただ、ぬか床は基本的に密封しないほうがいい。
  • 蓋をしっかり閉めないときは、ガーゼ不織布をかぶせてゴムでとめ、虫の侵入を防ぐこと。


ぬか漬け生活を長~く続けるコツは、ぬか床を自分のライフスタイルに合った方法で保存することです^^

私は1日中家にいるのでぬか床を常温保存にしていますが、お仕事をしているとどうしてもかき混ぜが面倒なときだってありますよね。
そういうときには、常温よりも冷蔵保存のほうが合うでしょう。

すえさやすえさや

また、季節によって保存方法を変えるというのも手ですよ!
暑い夏だけ冷蔵庫に入れて、あとは常温で保存するとか^^

とにかく無理せずにぬか床と付き合っていくのが、長くぬか漬けを続けていくためのポイントです♪

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ