「お酢でシャンプーしたらどんな効果があるの?」


こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

お酢は食べることで美容効果を得ることができますが、実は薄めて洗顔シャンプーに使えばダイレクトに効果を与えることができるんですよね♪

お酢の効果効能洗顔で得られる効果はこちらからどうぞ♪
お酢の効果は驚きの10個!摂るときに注意したいポイントとは?
お酢で洗顔して得られる効果は3つ!肌を傷めないための注意点とは?


とはいえ、きっと多くの人は市販のシャンプーを使っているはず。

だから気にはなっていても、なかなかお酢シャンプーに手が出せないんじゃないでしょうか?

すえさやすえさや

刺激とかニオイも気になるしね^^;

なので今回は、実際にお酢シャンプーを2年以上続けている私が

  • 得られた効果
  • 使い心地
  • やり方注意すること

についてお話ししていきますよ~。


だから最後まで読めば、あなたもきっと安心してお酢シャンプーができるようになるはずです♪

それではさっそく、気になる効果からレッツゴー!


スポンサーリンク

お酢でシャンプーして得られる効果は3つ!


お酢はシャンプーに使うことで、頭皮にどんな効果があるんでしょうか?

一覧にまとめたものを紹介しますね。

お酢シャンプーの効果 3つ
  1. 頭皮のベタつきが減る
  2. 頭皮湿疹がなくなる
  3. 髪の毛にツヤがでる


ふむふむ、お酢にこんな嬉しい効果があったとは^^

でもどうしてこんな効果を得られるのか…ここからは1つずつ理由&私の体験をお話ししていきますよ!

お酢でシャンプーして得られる効果その1:頭皮のベタつきが減る

頭皮がベタついたり、髪の毛が固まってイヤだな~って人は意外と多いはず。

人の目にも入りやすいので、外にいるときは特に気になりますよね^^;

すえさやすえさや

ちなみに私は髪の分け目部分が固まっていたので、背が低い私は外に出るのが嫌いでした(笑)

でも、お酢シャンプーを開始して4ヶ月後
なんと、頭皮のベタつきもないし、髪も固まらなくなったんです!


じゃあどうしてお酢シャンプーをするだけで、こんなに嬉しい効果が得られたのか。

それは、ベタつきの原因が「市販のシャンプー&熱いお湯で皮脂を落としすぎていた」ことにあるんですよね。


そもそも、皮脂って乾燥・雑菌・ほこり・紫外線とかから頭皮と髪を守ってくれる大事な存在^^

だから落としすぎると頭皮が「ヤバい!今までの皮脂量じゃ足らん!」と思って、皮脂を大量に出して頭皮を守ろうとするんです。


その結果、皮脂の量が多くなって頭皮のベタつきや髪の毛の固まりになるというワケ^^;


でもお酢シャンプーを使えば、市販のシャンプーのように皮脂を落としすぎることはありません。

かといって残りすぎるということもなく、お酢に含まれる酢酸お湯によって余分な皮脂は取り除かれるのでそこは安心して大丈夫!


それに、お酢に含まれるアミノ酸には保湿効果があるので、乾燥による皮脂の大量分泌も防ぐことができますよ^^

★効果を実感できるまでの期間

効果を感じるまで私は4ヶ月くらいかかりましたが、今まで長期間にわたって皮脂を落としすぎてきた人は改善に時間がかかるかも^^;

でも継続していけばゆっくり頭皮のベタつきは抑えられていきますよ。

それに、皮脂の量が正常になれば皮脂特有のニオイも抑えられるので一石二鳥!

お酢でシャンプーして得られる効果その2:頭皮湿疹がなくなる


頭皮湿疹は、頭皮の皮脂が多くても少なくてもできるから超やっかい!

というのも、皮脂が少ない = 頭皮が乾燥していると肌のバリア機能が弱まって雑菌が繁殖しやすくなるんですよね。

逆に皮脂が多いと、普段はいい子なはずの常在菌が悪さをするようになるので、頭皮湿疹を治すには乾燥を防ぎつつ常在菌のバランスを保たないといけません^^;


そこでお酢の出番!

お酢シャンプーはアミノ酸によって頭皮の乾燥も防いでくれるし、酢酸によって皮脂も落としてくれます^^

しかもお酢の酸が頭皮を弱酸性にしてくれるので、常在菌が増殖しすぎるのも抑えてくれるんですよ。

すえさやすえさや

ちなみに私は乾燥のせいで皮脂が多くなり頭皮湿疹ができていました。

痛いし痒いし、ついつい触って悪化させることも(泣)

でも、お酢を使い始めて半年くらい経った頃には湿疹がなんとゼロに!

結構な時間はかかりましたけど、今でもちょこちょこお酢シャンプーをしているおかげか頭皮湿疹は全くできていません

★効果を実感できるまでの期間

私は効果を感じるまで半年かかりました。

でも頭皮湿疹は食事・生活習慣・ストレスなども原因になるので、見直しながらお酢シャンプーをすればより早く改善されていくはず^^

ちなみに私は、外食三昧だったのを控えて夜更かしも(チョットしか(笑))しないようにしましたね。

お酢でシャンプーして得られる効果その3:髪の毛にツヤがでる

シャンプーの後には当たり前のようにトリートメントをするので、髪本来の姿を知らない人はきっと多いはず。

でも、トリートメントをせずに髪を乾かしてみましょう。
あなたの本来の髪の姿を見ることができますよ^^


それでもしも髪がパサついていたら、あなたの本当の髪の毛はキューティクルがボロボロかもしれません^^;

すえさやすえさや

実は私も、本来の髪はバサバサでした。

トリートメントで潤ったように見えるだけで^^;

でも、お酢シャンプーをするようになって気付いたんですが髪にツヤが出てくるんですよ、トリートメントしてないのに!


実はお酢のアミノ酸は傷んだキューティクルを補修し、は開いたキューティクルを引き締める働きがあるんですよね。

だから、お酢シャンプーのあとにトリートメントをつけなくてもツヤが出てくるってワケ^^


このように、お酢シャンプーは頭皮にも髪にも良い効果がたくさん!

とはいえ、使うには刺激だったりニオイだったり気になることはまだありますよね…。


そこでお次は、実際に2年以上もお酢シャンプーをしている私が使ってみた感じを紹介していきますよ^^

ぜひ使う前の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

使用歴2年以上の私が語る!お酢シャンプーってこんな感じ


お酢シャンプーを使うにあたって気になるのは

  1. 刺激
  2. ニオイ
  3. 洗浄力

だと思います^^

なので、今から1つずつどんな感じなのかをお話ししていきますよ~。

お酢シャンプー体験談その1:刺激

正直、お酢シャンプーに刺激はありません^^(ちゃんと薄めて使うしね)

ただ、頭皮湿疹がある人は話が別


私はお酢シャンプーをし始めたとき頭皮湿疹がある状態だったんですが、使った後からピリピリした痒みのような刺激を感じました。

すえさやすえさや

でもそれは私が、頭皮湿疹を気にしてしょっちゅうつついたり、かさぶたを剥いだり(苦笑)していたから^^;

なので頭皮湿疹をつついてをつけたり、かさぶたを剥いだりしなければ刺激になることもありませんでした。


つまりお酢シャンプーは「傷のない頭皮に使うべし!」ということです^^

お酢シャンプー体験談その2:ニオイ

お酢を使うと酸っぱいニオイが心配かもしれません。

たしかにシャンプー後はお酢のニオイがほんのり残っているんですが、ドライヤーをすれば不思議と消えちゃうので大丈夫^^


もしもドライヤーをしてもニオイが強く残っている場合は、すすぎ残しの可能性があるので注意してくださいね。

お酢シャンプー体験談その3:洗浄力

市販のシャンプーを使っているとお酢シャンプーの洗浄力は頼りない気がしますが…皮脂を落としすぎないことを考えているのでちょうどいいんです^^

しかもお酢シャンプーは1週間に1回すればいいから、その他の日はシャンプーを使ってもOK!


ちなみに私の場合は頭皮湿疹が酷かったので、思い切ってシャンプー断ちをしました…。

すえさやすえさや

1週間に1回お酢シャンプーをしたら、その他の日は全てお湯だけという感じ。

最初は市販のシャンプーをなくした反動で、2ヶ月くらい

  • ベタつき頭皮湿疹の悪化
  • フケ

に悩まされました^^;

でも3ヶ月目くらいからおさまり始め、だんだんと頭皮環境はいい方向へ♪

私は今でもこの方法で継続しているんですが、これは私がず~っと家にいるからできること…。


なので、あなたも自分の生活状況頭皮の状態に合わせて、1週間のうちの1日以外をどう洗うのかを決めるといいでしょう。

だから気持ちをラクに取り入れてみてくださいね。


では使った感じが分かったところで、次はいよいよお酢シャンプーのやり方注意点を紹介していきますよ。

やり方を守らないと逆に頭皮を傷つけてしまうことになるので要チェックです!


お酢シャンプーのやり方&注意点とは?

用意するもの

  • くし
  • 洗面器
  • お酢 小さじ1


ここでお酢を選ぶときのポイントですが「食品添加物」の入ってないものを選びましょう。

食品添加物が入っているとお酢本来の効果を得るのが難しくなるし、頭皮のトラブルになる可能性もあるので^^;


もし迷ったら「」が付いている米酢黒酢を選べば間違いありません^^

ちなみに私は、他のお酢に比べてアミノ酸が多い「純黒酢」を使っていますよ♪

お酢シャンプーのやり方

  1. 髪の毛を丁寧にくしでといて、ある程度の汚れ皮脂を取る
  2. 35度のお湯で頭皮を軽く洗う
  3. 洗面器いっぱいにお湯を入れ、お酢を混ぜる
  4. 頭皮マッサージするみたいにお酢を馴染ませていく
  5. 5分くらい全体的に馴染ませたら、ぬるま湯でしっかりすすぐ
  6. タオルで水分を拭き取りドライヤーをかける

注意点

  1. お酢シャンプーの頻度は1週間に1回
  2. 髪の汚れを取るために必ず丁寧にくしでとかす
  3. 使う前にはパッチテストをする


お酢シャンプーはお湯で薄めているとしても、やっぱりなので連続して使うと頭皮にも髪にも悪いんですよね。

それと人によって合う合わないがあるので、頻度パッチテストは必ず守りましょう。


また、お酢シャンプーをするうえで髪の毛をくしでとくのが意外と重要なのでお忘れなく!

とくのをおろそかにすると汚れが落ちずに、痒み・ニオイ・ベタつきの原因になります^^;

お酢シャンプーの効果を得るためにも、やり方注意点にはしっかり気をつけてくださいね。


では今まで見てきたことをもう一度振り返って、さよならにしましょう^^

まとめ

  • お酢でシャンプーして得られる効果3つとは
    1. 頭皮のベタつきが減る
    2. 頭皮湿疹がなくなる
    3. 髪の毛にツヤがでる

    である。

  • お酢シャンプーは使うとこんな感じ!
    1. 刺激:頭皮にがなければ感じない
    2. ニオイ:ドライヤーをすれば消える
    3. 洗浄力:皮脂を落としすぎることも残りすぎることもないので、問題ない
  • お酢シャンプーのやり方
    1. 髪の毛をくしでといて、ぬるま湯ですすぐ
    2. 洗面器いっぱいにお湯を入れ、お酢を混ぜる
    3. 頭皮マッサージのようにお酢を馴染ませていく
    4. 全体的に馴染ませたら、ぬるま湯でしっかりすすぐ
    5. タオルで水分を拭き取りドライヤーをかける

    である。

  • 実践するときの注意点
    1. お酢シャンプーの頻度は1週間に1回
    2. シャンプー前のくしは丁寧にする
    3. 使うときはパッチテストをする


私がお酢シャンプーを最初に試したきっかけは、賞味期限切れのお酢の処理のためでした(笑)

でも一度使ってみると髪がツヤっとしたんですよね^^


だからあなたも好奇心のまま、ぜひ一度お酢シャンプーを試してみてください♪

きっと「また来週もしよっかな~」と思うはず。(そうして頭皮環境が良くなっていくのである!)

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

この記事と関連のあるページ