「ブルーベリー酢の作り方が知りたい!」
「ミツカンのブルーベリー酢と手作りはどう違うの?」



こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

飲むお酢として有名な「ブルーベリー酢」ですが、実は作り方がとっても簡単♪

すえさやすえさや

だから私は毎年、実家のブルーベリーを使って作っています!

しかも、自分でブルーベリー酢を手作りすると市販のものとは違って

  • お酢の色が変化していく様子を見られる
  • 自分好みの味で仕込める
  • 飲むだけじゃなく料理にも使える

などなど嬉しいこともたくさんあるんですよ^^


なので今回は、あなたにももっとブルーベリー酢を楽しんでもらえるように「作り方」について紹介していきますね。

また、ミツカンのブルーベリー酢と手作りはどう違うのか、どちらがおすすめなのか…についてもお話ししているので、最後までお見逃しなく!


それではさっそく、ブルーベリー酢の作り方から見ていきましょう^^


スポンサーリンク

手間はゼロ!ブルーベリー酢の超簡単な作り方

ブルーベリー酢の材料

  • ブルーベリー 100g
  • お酢 200cc
  • はちみつ 100~150g
    (ブルーベリーの甘さをみて調節しましょう)


ブルーベリー酢を作るときに使うブルーベリーですが、おすすめは絶対「冷凍」したもの!

というのも、冷凍ブルーベリーは生に比べると

  • アントシアニン
  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • 食物繊維

の栄養価が高くなっていてお得なんですよね^^

しかも、完成までの時間が生ブルーベリーに比べると冷凍したもののほうが早い


なので、ブルーベリー酢を作るときは「冷凍ブルーベリー」を用意するようにしましょう。

ちなみに私は、実家で採れたブルーベリーをいったん冷凍してから使っています♪

採れたてをすぐに冷凍すると栄養価をそのままキープできるので、にお店で買ったものを自分で冷凍して使ってもOKですよん^^

ブルーベリー酢の作り方

1.容器を熱湯消毒orアルコール除菌する

2.容器に材料を全て入れる


冷凍ブルーベリーは解凍するとグジュグジュになるので、解凍はせずにそのまま入れてくださいね。

3.ビンに蓋をし、上下逆さまにして混ぜる


このとき、はちみつを溶かそうとしてシャバシャバ混ぜないこと^^
はちみつは自然に溶けてくるので、軽く馴染ませるくらいでいいですよ。


この段階ですでにブルーベリーの色が溶けて、お酢のがちょっと変わっています^^

でもまだまだ完成じゃないので、時間を置きましょう。

4.1日1回混ぜながら、涼しい場所で保管

ビン底にたまっているはちみつは少しずつ溶けていくので、1日1回は全体が均一になるように混ぜてくださいね。

冷凍ブルーベリーを使っていると早くて3日、遅くても1週間ほどで完成します^^

すえさやすえさや

「紫色がもう濃くならないな」と感じたらOK!

ちなみに私は、のブルーベリーでも作ったことがあるんですが…長くて2週間かかりました^^;

凍らせてないブルーベリーってがしっかりしているせいで、なかなかお酢にエキスが出ないんですよね~。

ブルーベリー酢のも薄かったし、見栄えの面でもやっぱり冷凍ブルーベリーがおすすめです^^

完成したブルーベリー酢の使い方&保存方法

ブルーベリー酢の使い方


ブルーベリー酢はそのまま飲むお酢として使ってもいいんですが、私のおすすめは酢の物

すえさやすえさや

市販のブルーベリー酢だとジュース風で料理には使えないので、これは手作りならではの使い方♪

そして酢の物の作り方ですが、これも超簡単!

キャベツ・人参・大根などを千切りにしてレンジで加熱し、そこにブルーベリー酢を実ごと豪快にぶっかけます(笑)

はちみつのおかげで酸味がやわらいでいて食べやすいし、ブルーベリーの実でにもアクセントが出るので結構いいですよ^^


しかも、酢の物は作り方が簡単なだけじゃなくて作りおきOK
なので、忙しいときやご飯作りが面倒なときにぜひ試してみてくださいね♪

ブルーベリー酢の保存方法

完成したブルーベリー酢は冷蔵庫に入れて保管すると1~2ヶ月くらいもちます。

でもその間ブルーベリーのをずっと入れておくとブヨブヨになってしまうので、実のほうは2~3週間くらいを目安に取り出しましょう^^


取り出した実はそのままだと酸っぱくて食べにくいんですけど、

  • ヨーグルトのトッピング
  • 砂糖を少し足してジャム
  • 牛乳と砂糖を混ぜて冷凍(アイス)に

すると美味しく食べられますよ♪

すえさやすえさや

ちなみに私は、加糖ヨーグルトとブルーベリー酢のをミキサーしてから冷凍するのがお気に入りです^^

さて、ここまでブルーベリー酢の作り方を見てきました。

すごく簡単なので、材料さえ集めればすぐにでもできそうですよね^^


とはいえ、「手作りもいいけど市販のブルーベリー酢もちょっと気になるんだよね~」って人はきっと多いはず。

そこでお次は、私が実際に飲んだことのあるミツカンのブルーベリー酢をもとに

  • ミツカンと手作りの違い
  • どんな人にどちらがおすすめか

をお話ししていきますよ~。


生活にブルーベリー酢をとり入れるときの参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

ミツカンのブルーベリー酢と手作りの違いは3つ!


私はミツカン(ストレートタイプ&希釈タイプ)と手作りどちらも飲んだことがあるんですが、結構はっきりとした違いがありました。

どんな違いかというと…それは以下のとおり。

ミツカンと手作りの違い 3つ
  1. 甘みの強さ
  2. コストパフォーマンス
  3. 材料


この違いによってブルーベリー酢をどう選ぶかが変わってくるので、ここからは1つずつ詳しくお話ししていきますよ^^

ミツカンと手作りの違いその1:甘みの強さ

~手作りブルーベリー酢~

ミツカンのブルーベリー酢は甘みがしっかりついているので、お酢というよりもジュースという感覚のほうが強いです^^

だからお酢の酸味が苦手な人に、ミツカンのブルーベリー酢はかなりおすすめ。

すえさやすえさや

飲むお酢が苦手な私の夫も、牛乳や豆乳でわると飲みやすいと言っていました♪

ただ甘いのが苦手な人にとっては、ミツカンのブルーベリー酢はちょっと飲みにくいかもしれません^^;

だってストレートタイプだと薄めようにも薄められないし、希釈タイプでも薄めすぎれば甘みだけが勝ってブルーベリー感がなくなるから…。

薄めすぎるとお酢の効果も得にくくなるしね。


その点、手作りブルーベリー酢だと甘さを自分で調節できるので、甘いのが好きな人でも苦手な人でも美味しく飲むことができます♪

長く続けていくうえで、「苦手だな~」と思いながら飲まなくてすむのが手作りブルーベリー酢のいいところでしょう^^

ポイント

  1. ミツカンのブルーベリー酢は甘さが強い
  2. 手作りのブルーベリー酢は自分好みの甘さにできる

ミツカンと手作りの違いその2:コストパフォーマンス

ブルーベリー酢を長く続けていくのに、味はもちろんのこと「コストパフォーマンス」だって気になりますよね。

そこで、ミツカンと手作りにかかる金額をそれぞれ比較してみました^^

【ミツカン vs 手作り】ブルーベリー酢にかかる金額

ミツカンだとお店によって値段が若干違いますが、たいたいは

  • ストレートタイプ(1000ml):300~400円
  • 6倍希釈タイプ(500ml):700~800円

という感じ。

対して、手作りは材料の値段にもよりますが約300ml(10倍希釈)を作ろうと思うとおよそ740円くらいかかります^^;

※私が実際にかけている金額をもとに計算しました。

  • 純りんご酢(360ml):400~500円
  • 純粋はちみつ(500g):700~800円
  • 国産冷凍ブルーベリー(500g):1000~1500円
    ※冷凍ブルーベリーを買った場合の値段、たいていは実家のを使うのでゼロ円。


私はせっかくブルーベリー酢を手作りするなら材料にもこだわりたい派なので、どうしても値段が高くなってしまうんですが…(笑)

もちろん、それぞれの材料の値段を下げればミツカンのブルーベリー酢よりもコストパフォーマンスを良くすることはできます^^


でも、手軽安くお酢を続けたいなら手作りよりも「ミツカン」のブルーベリー酢のほうがむいているでしょう♪

ポイント

  1. ミツカンのブルーベリー酢はコスパがいい
  2. 手作りのブルーベリー酢はコスパが悪くなりがち

ミツカンと手作りの違いその3:材料


も問題ないしコスパもいい「ミツカン」ですが、実は材料のことを考えると「手作り」のほうが安心なんですよね。

というのも、ブルーベリー酢を手作りするときに使う材料はブルーベリーお酢砂糖またははちみつだけです^^


でもミツカンのブルーベリー酢にはブルーベリー果汁、お酢、砂糖だけでなく

  • 酸味料
  • 香料
  • 人工甘味料
  • 色素(ストレートタイプのみ)

などの食品添加物も入っているので、手作りと違って無添加ではありません^^;

そのせいか、手作りしたブルーベリー酢とミツカンのブルーベリー酢のは全然ちがいます。

すえさやすえさや

ちなみに私は手作りの味が好きなんですが、夫はもともとジュースが好きなこともあってミツカン派。

でもお酢は続けることで効果が出るし、食品添加物を長期間摂るのってちょっと心配じゃないですか?

ミツカンのブルーベリー酢は一時期だけ飲むならいいですが、お酢を健康や美のために長く続けようと思っているなら断然「手作り」のほうがおすすめです♪

ポイント

  1. ミツカンのブルーベリー酢は食品添加物が入っている
  2. 手作りのブルーベリー酢は無添加である


さて、ここまでミツカンと手作りのブルーベリー酢の違いを見てきましたが…あなたはどちらを選びますか?^^

私のおすすめの選び方としては

  • 自分の好み
  • 飲もうと思っている期間
  • 飲む目的
  • 続けやすさ

を考えると迷いにくいので良いですよ。

ちなみに私は、健康のためにお酢をとろうと思っているのでブルーベリー酢は手作り派!(もともと物づくりが好きだからっていうのもある^^)

すえさやすえさや

でも、たま~にあの甘みの強いミツカンのブルーベリー酢が飲みたくなって買っちゃうんですけどね(笑)


ということで、ブルーベリー酢のお話しはこれでおしまいです^^

今まで見てきたことをもう一度ふり返ってお別れにしましょ~。

まとめ

  • ブルーベリー酢の作り方は、
    1. 容器を熱湯消毒orアルコール除菌する
    2. 容器に材料を全て入れる
    3. ビンに蓋をし、上下逆さまにして混ぜる
    4. 1日1回混ぜながら、涼しい場所で3日~1週間保管

    である。

  • ミツカンと手作りの違いは3つあり、
    1. 甘みの強さ
    2. コストパフォーマンス
    3. 材料

    である。

  • ミツカンのブルーベリー酢がおすすめなのは
    1. ジュースが大好き/酸味が苦手
    2. 手軽に安いものを飲みたい
    3. お試し感覚でお酢を飲みたい

    というあなた!

  • 手作りのブルーベリー酢のほうがおすすめなのは
    1. 自分好みの味で作りたい
    2. 飲むだけでなく料理にも使いたい
    3. 健康や美容のために無添加にこだわりたい
    4. 長く飲み続ける予定

    というあなた!


手作りブルーベリー酢は、

  • ブルーベリーの品種(皮が薄いもの、甘みor酸味が強いもの…)
  • お酢(黒酢、米酢、りんご酢…)
  • 砂糖(白糖、黒糖、はちみつ…)

組み合わせを変えると色んな味を楽しむことができます^^

今回の作り方は私おすすめの組み合わせで紹介したので、あなたがブルーベリー酢の作り方に慣れてきたらぜひ色んな組み合わせを試してみてください♪

作るのも続けるのも、もっともっと楽しくなりますよ。


ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

この記事と関連のあるページ