「猫のキャリーバッグのおすすめが知りたい!」


こんにちは、発酵食品マニアで猫のしもべをしているすえさやです^^

猫を飼っていると絶対に必要になるのが「キャリーバッグ」。
病院などのお出かけで使う頻度も多いので、絶対に良いものを選びたいところ!

でもネットで猫のキャリーバッグを調べると、あまりの種類の多さにビックリしちゃいますよね^^;
素材・機能性・デザイン・価格と全部バラバラなので、どれがいいのか悩む人も結構多いはず…。


そこで今回は、私が使ってみて「これは良い!」と感じたキャリーバッグを2つ紹介しますよ。

すえさやすえさや

私の使い心地、使っている猫の様子などもお話ししますね^^

キャリーバッグをどれにしようか悩んでいるなら、ぜひ参考にしてみてください♪
ではさっそく、見ていきましょう!


スポンサーリンク

猫のキャリーバッグでおすすめ2つとは?

~我が家の猫ちゃんズ(左がミミ、右がクロ)~

私は猫を病院だけじゃなくて、ドライブや実家への帰省にも連れていきます^^
だから、猫も私も使いやすいキャリーバッグじゃないと、お互いストレスを感じて良くないんですよね…。

そんな私と私の猫(クロ&ミミ)が「これは良い!」と感じたのが、2つのキャリーバッグ♪

おすすめのキャリーバッグ 2つ
  1. リッチェル「キャンピングキャリー」
  2. アイリスオーヤマ「折りたたみソフトキャリー」


この2つは本当に機能性・使い心地が良いんですよ。
それに、なにより嬉しいのがクロとミミも居心地がよさそうってところ^^

では、どんなキャリーバッグなのかもう少し詳しくお話ししていきますね。

猫のおすすめキャリーバッグ1つ目:リッチェル「キャンピングキャリー」

製品の基本情報

  1. 大きさ
    • Sサイズ(猫の体重5㎏以下)
    • Mサイズ(猫の体重8㎏以下)
  2. 製品の重さ
    • ノーマル(ドアが1ヶ所)Sサイズ:1.5kg
    • ノーマル(ドアが1ヶ所)Mサイズ:2kg
    • ダブルドア(ドア+上扉)Sサイズ:1.8kg
    • ダブルドア(ドア+上扉)Mサイズ:2.4kg
  3. カラー
    • ダークブラウン
    • ライトピンク
    • アイボリー
  4. 値段(税抜)
    • ノーマル Sサイズ:4,200円
    • ノーマル Mサイズ:6,300円
    • ダブルドア Sサイズ:5,800円
    • ダブルドア Mサイズ:8,400円

※リッチェル公式ウェブショップ


ちなみに私が使っているのは、Mサイズのダブルドアタイプ^^
動物病院へ行くときや実家への帰省など、車を使って移動するときには必ずこのキャリーバッグを使っています。

というのも、このキャリーバッグはシートベルトでケースを車に固定することができるんですよね。
猫ちゃんの安全対策もちゃんとできるので、私みたいに猫と車移動をすることが多い人には特におすすめです^^

★猫と一緒に車移動をするときはこちらを参考にどうぞ
猫と車移動しかも長距離なんて!経験者が教える注意点7つとは?

気になる人間側の使い心地ですが、

  • プラスチック製だから頑丈だし、汚れても洗える
  • 使わないときは分解してコンパクトにできる
    (うちではそのまま放置して、猫のおもちゃになっています(笑))
  • 前扉は左右どちらからでも開けられる
  • ダブルドアだと上も開くから、動物病院で縮こまっている猫を取り出しやすい

など、良いことばかり^^

ただ、このキャリーバッグはプラスチック製だからかたいし重いのがネック!
Sサイズならある程度は我慢できるだろうけど、Mサイズは持ち歩くには不便…というか向いていません。(腰とかに当たると痛いし、猫にも衝撃がいく^^;)

すえさやすえさや

持ち歩きにバッチリのキャリーバッグは、後ほど紹介するのでお楽しみに♪

やっぱり、リッチェルのキャリーバッグはシートベルト機能がついているだけあって、持ち運びよりも車移動で使うほうが向いているんですよね^^

ちなみに我が家の猫ちゃんズが使っている様子はこんな感じ。


いつもMサイズ1つに2匹で入ってもらっているんですけど、病院に行くとき以外の移動中はたいてい爆睡しています(笑)
ひっくり返って寝ているし、ツンツンしても起きないので居心地はかなり良さそう。

ミミミミ

キャリーバッグに入れるときはブランケットを敷くと足元が柔らかくなって、過ごしやすくなるよ^^


そして普段の持ち運び用は次のキャリーバッグがおすすめ!

猫のおすすめキャリーバッグ2つ目:アイリスオーヤマ「折りたたみソフトキャリー」

製品の基本情報

  1. 大きさ
    • Sサイズ(猫の体重5㎏以下)
    • Mサイズ(猫の体重8㎏以下)
  2. 製品の重さ
    • Sサイズ:約1.1kg
    • Mサイズ:約1.4kg
  3. カラー
    • ピンク
    • ブラウン
  4. 値段(税抜)
    • Sサイズ:2,980円
    • Mサイズ:3,980円

※アイリスオーヤマ公式通販サイト


先ほど紹介したリッチェルのキャリーバッグは車移動におすすめでしたけど、これから紹介するアイリスオーヤマのキャリーバッグは断然「持ち歩き用」におすすめ!

アイリスオーヤマのキャリーバッグは

  • 軽い
  • 生地が柔らかいのに丈夫(猫がメッシュの部分をかじるんですがなかなか破れません)
  • 折りたたんでコンパクトにできる
  • 中がツルツルで汚れを拭き取れる
  • 2ヶ所に扉がついている

など、人間にとってかなり使いやすいよう工夫されているのでかなり便利ですよ♪

ただ、このキャリーバッグはちょっと工夫してあげないと猫によっては不安を感じるかもしれません…^^;


というのも、このバッグの生地はポリエステルなので小さなクッションが付いていても、猫の重みで底が少しゆがんでしまうんですよね。
そうすると猫にとっては踏ん張りの効かない不安定な状態にいるようなものになってしまいます。

なので、もしも持ち上げたキャリーバッグの中で猫が落ち着かないようだったら、そこに小さめの毛布やタオルケットを入れて足元をフカフカにしてあげましょう。
うちの猫もそうなんですが、足元がモフモフしていると落ち着くみたいなんです^^

ちなみに毛布を入れるとこんなこんな感じ。


こうすることでケース内が少し狭くなるんですが、狭いほうが逆に安心するみたい。
とはいえ夏場は熱中症になる可能性もあるので、早くケースから出してあげるなどして気をつけましょう。

クロクロ

ケースの中にタオルケットとかがあると、もぐって身を隠すこともできるからより安心できる空間になるニャ!


さて、ここまで猫のキャリーバッグでおすすめのものを2つ紹介してきました。
最後に少しだけお話ししたいことがあるので、もうちょっとお付き合いください♪

まとめ

  1. 猫のキャリーバッグでおすすめの2つ
    • リッチェル「キャンピングキャリー」
    • アイリスオーヤマ「折りたたみソフトキャリー」

    である。

  2. キャンピングキャリーは車移動に、折りたたみソフトキャリーは持ち歩きに向いている。


私はいつもキャリーバッグをそのまま使うんじゃなくて、ちょっとだけ工夫するようにしています。

例えば、

  • お気に入りのおもちゃを入れる
  • ぬいぐるみを入れる
  • 毛布を入れる

など。

クロとミミは小さいころからそんなキャリーに入っていたせか、家の中に置いているキャリーで遊んだり(夏にはくつろぐことも)、お出かけだって病院以外(笑)は大好きです^^

なので、あなたが使いやすいキャリーバッグを見つけて、さらに猫ちゃんにとって心地いい空間になるように調節してあげてくださいね♪

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ