「猫の多頭飼いのメリットとデメリットが知りたい!」

こんにちは、発酵食品マニアで猫好きのすえさやです^^

猫を多頭飼いしてみたいけど、どんな感じなのか分からないから踏み出せない…という人は結構多いはず。

すえさやすえさや

猫を飼うということは「その子の一生に責任を持つ」ということだから、簡単には飼えませんしね。

ちなみに私は猫を2匹飼っているんですが、良いこともあればやっぱり悪いこともあります。(可愛いだけじゃ飼えないな~ってよく実感しますよ^^;)

なので今回は、あなたが猫の多頭飼いについて少しでも具体的に想像できるように、私が感じている多頭飼いのメリット&デメリットをお話ししますね。

猫を多頭飼いをしようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください^^
ではさっそく、多頭飼いのメリットから見ていきましょう。

スポンサーリンク

猫の多頭飼い最高!得られるメリット4つとは?


我が家では2匹の姉妹猫を飼っています^^
白サバのミミちゃん(写真左)と黒猫のクロちゃん(写真右)。

1匹でも可愛いし癒される猫を多頭飼いするんだから、もちろん人間側が得られるメリットはたっくさん!
でも実は、にとっても多頭飼いって嬉しいことなんですよ^^

それでは人間側と猫側それぞれが得られるメリットをまとめて紹介しますね。

猫の多頭飼いのメリット 4つ
  1. 猫が寂しくない
  2. 肥満にならない
  3. 可愛さやほっこり感が倍増
  4. たくさんモフモフできる


これだけではザックリしすぎていてよく分からないと思うので、我が家の例を含めてもう少し具体的にお話ししていきますよ~。

猫の多頭飼いのメリットその1:猫が寂しくない


猫は構いすぎるとストレスになるんですが、実は寂しすぎてもストレスになるんですよ。
1人が好き…みたいな顔をしておいて、意外と甘えん坊なんです(笑)

だから人間がいつも家を留守にして猫を1匹だけにしておくと、猫は寂しさからトイレの粗相をしたりイタズラをしたり…さらには「分離不安」という精神的な病気になる可能性も。

でも猫を多頭飼いしていれば人間がいない間も猫同士でわちゃわちゃしているので、大好きな人が外出していても寂しさはいくらか和らぐでしょう^^

その証拠に、我が家の猫ちゃんズは私や夫が買い物から帰ってきても、お出迎えに来てくれないことがたまにあります。
「なにか悪さをしてるんじゃ…」と思って急いで見に行くと、2匹くっついて寝ていて邪魔すんなよという目で見られました^^;

猫同士だとやはり気が合うのか、たま~に人間が放っておかれることもあるんですけど、猫は楽しそうなので良しとしています(笑)

猫の多頭飼いのメリットその2:肥満にならない


猫1匹で飼っていると、人間が遊んであげないとどうしても運動不足気味になってしまうんですよね^^;
でも猫仲間がいれば、自分たちで追いかけっこして遊ぶので自然と運動不足解消になるんですよ。

我が家でも1日に3~4回大運動会が開催されます(笑)
その間は人間に見向きもしないで楽しそうに遊んでいるので、それを見るとやっぱり姉妹で引き取ってよかったな~と思いますね。

猫の多頭飼いのメリットその3:可愛さやほっこり感が倍増


多頭飼いは、1匹飼いでは味わうことのできない感覚を味わうことができます^^
それは猫同士がじゃれ合ったり、くっついて寝たり、毛づくろいしてあげたり…その様子を見ているだけで、なんだかこっちも幸せな気持ちになっちゃうんですよね。

多頭飼いする前は、猫って「ツンとしてて1人が好き」というイメージがあったんですけど、多頭飼いしてみると猫同士よく一緒にいるし、お互いを思ってて凄く愛情深いんだな~と知ることができました。

ちなみに我が家ではミミのほうがお姉ちゃん。
クロが寝ているところに毎回行ってはペロペロしてあげています^^

クロクロ

たまにしつこくて、うっとうしくなるけどニャ~。

猫の多頭飼いのメリットその4:たくさんモフモフできる


多頭飼いしていると1匹だけが甘えてくることもあれば、複数頭で甘えてくることもあります。
そんなときはもう至福の瞬間

膝の取り合いになったりすることもあるので、突如訪れたモテ期にきっとニヨニヨすること間違いなしでしょう(笑)

すえさやすえさや

とくに冬場は、猫たちが温かさを求めて寄ってくるのでよりモテモテに。

我が家の場合は、たいていミミがクロを押しのけます。
クロも対抗するんですが、ミミのほうが若干体重が重いので最後は結局負けちゃうんですよね…猫の世界も辛い^^;

こんな感じで毎日猫同士のやり取りが見られるのは多頭飼いならでは♪
そう思うと猫の多頭飼いってすごく魅力的でしょう?

でも多頭飼いは、良いことばっかりじゃないんですよ…。
結構大変なことも多いんです^^;

そこで次は、猫を多頭飼いするときのデメリットを紹介していきますね。

スポンサーリンク

可愛いだけじゃ飼えない!猫の多頭飼いのデメリット5つとは?


実は私と夫がクロとミミを引き取ったのは、とっさの判断だったんですよね。
だからデメリットについて深く考えていなかったんです…。

もともとクロとミミを保護したのは義弟だったし、お世話をしていたのは義祖母さんでしたし^^;

でも、そのときの猫ちゃんズはミルクを2~3時間おきに与え、トイレのお世話も必要な時期だったんですが、義祖母さんが忙しくて猫にミルクを与えるのが遅くなることが度々あったそう。
それを聞いた夫がとっさに「うちで飼う?」と。

すえさやすえさや

我が家は子供がいないし予定もなかったので^^

でも実際飼ってみると、まぁ大変でした。
育猫記録はこちら
子猫の育て方(生後2週間~1歳)!2匹を育てあげた私の経験談

大きくなった今でもやっぱり大変(笑)
そこで今から、多頭飼いすることで気付けたデメリットを多頭飼いしようかどうか悩んでいるあなたのために紹介していきますね。
まずは一覧でどうぞ^^

猫の多頭飼いのデメリット 5つ
  1. お金がかかる
  2. 猫同士で病気が感染する
  3. 環境問題
  4. 猫同士の相性
  5. イタズラの連鎖


ではもう少し詳しくお話ししていきましょう!

猫の多頭飼いのデメリットその1:お金がかかる


やっぱり多頭飼いの1番のデメリットは「お金」。

ざっと考えるだけでも

  • 避妊または去勢手術
  • ペット保険(病気のときの治療代が安くなるので、絶対入っといた方がいい!)
  • 年に1回のワクチン健康診断
  • 毎月のノミダニ薬
  • 交換用のトイレ砂トイレシート
  • キャットフード
  • トイレ容器
  • 食器
  • おもちゃ多頭飼い用キャットタワー

などのお金は、頭数が増えれば増えるほどかかります。

とくに我が家では、トイレの掃除を冬は2週間に1回、夏は毎週1回しているので、水道代も結構かかります^^;(2匹飼いなのでトイレも2つあるんですが、毎回両方洗うので体力的にも大変)

すえさやすえさや

前は月1の掃除だったんですがそれだと汚いらしく、猫が2匹とも尿結石になってしまいました…。
だから予防のためにトイレ掃除は頻繁にすることに。

★余談ですが…
猫が2匹とも尿結石になったときはものすごい出費を覚悟していたんですが、ペット保険にかなり助けられました^^;(3割負担の契約をしていたので、検査代や薬代がかなり安く済む結果に)

人間に保険が必要なように、も保険に入っていたほうが安心だということを痛感しましたね…。

※ちなみに我が家の猫ちゃんズは「アニコム」に加入しています

猫の多頭飼いのデメリットその2:猫同士で病気が感染する


人間同士で病気がうつるのと同じように、猫同士で病気がうつります。

予防するには

  • 屋外に出さないこと(病気をもらう機会を減らすため)
  • 毎年ワクチンを接種する(病気のウイルスを持っていても症状が出るのを抑えられる)
  • 免疫力を下げない(トイレを清潔に保ったり、1匹でいられるスペースを作る)

ことが大事です。

ちなみに我が家ではクロとミミが子猫のとき、現段階で何のウイルスを持っているのか検査をしました。
すると

  • クロは「マイコプラズマ・フェリス
  • ミミは「猫クラミジア

を持っているという結果に。

子猫のときは持っているウイルスが違いましたが、お医者さんによると「たぶん今は2匹とも同じ種類のウイルスに感染しているはず」とのこと。

すえさやすえさや

お互いを毛づくろいをしたり、同じ食器を使うと感染するらしい^^;

どちらのウイルスもくしゃみ結膜炎肺炎などの原因になるので、今は症状がでないようストレス管理ワクチン接種を頑張っています!

猫の多頭飼いのデメリットその3:環境問題


自分の家であれば問題ないんですが、共同住宅の場合はちょっと注意が必要です。

というのも、共同住宅はペットOKでも飼える頭数は決まっていることが多いんですよね。
だから飼う前には必ずチェックするようにしてください^^(ちなみに私が今住んでいるところは、2匹まで大丈夫!)

それと猫は多頭飼いにすると結構走り回ります。
建物自体に騒音対策がされていない場合は、下の階への騒音対策として自分たちでカーペットをひいたりしないといけません。

また、猫たちはキャットタワーを駆け上がったり駆け下りたりするので、突っ張りタイプじゃないタワーを使っていると転倒する可能性も…。

突っ張り式多頭飼い用キャットタワーを用意し、それが置けるスペースも確保する必要があります^^

すえさやすえさや

トイレも頭数分は必ずいるし、猫を多頭飼いするなら十分なスペースを用意しましょう。

猫の多頭飼いのデメリットその4:猫同士の相性

誤解がないように。ミミのあくびです(笑)

先に猫を飼っていて後から新しく猫を飼う場合、その子達の相性がよくないと喧嘩になったり、トイレの粗相をするようになるので注意が必要です。

とくに、長い間猫1匹だけで過ごしていた場合は他の猫に抵抗を感じることが多いので、慣れるのにかなり時間がかかるかも…。
もしも先住猫と相性が悪いようなら、猫の幸せを考えて多頭飼いは諦めたほうがいいかもしれません。

ちなみに、我が家のクロとミミは姉妹で保護したので相性はバッチリ!
ただ、クロとミミは自分たち以外の猫とは全く仲良くできないんですよね。

の飼っている猫(1匹飼い)にも、が飼っている猫達(2匹飼い)にも「シャーシャー」言うので、それを見ていると後から多頭飼いにするのは結構難しそうだと感じました^^;

すえさやすえさや

最初から多頭飼いしたほうが、にとってはいいかもしれません。

猫の多頭飼いのデメリットその5:イタズラの連鎖


1匹が新しいイタズラを見つけると、もう1匹もマネしてするようになります…。
イタズラの好みによってやるやらないは分かれますが、とにかくイタズラの回数酷さは1匹のときより倍以上になるでしょう^^;

ちなみに、猫のイタズラについてはこちらに記事がありますので、気になる人は読んでみてくださいね。
猫のイタズラが手に負えない!改善のために人間ができる対策とは?

クロクロ

私はトースターを棚から落として破壊したニャ!
だから家には未だにトースターがないニャ。

ミミミミ

私は食器コップを落として割ったニャ。
人間の反応が良くて面白いニャ(笑)

さてさて、ここまで猫の多頭飼いのメリットデメリットをみてきましたが、どうですか?
意外に大変なことが多くてビックリしましたよね^^;

でも楽しいことも多いので、最後にもう一度メリットも含めて見ておきましょう♪

まとめ

  • 猫の多頭飼いのメリット4つとは
    1. 猫が寂しくない
    2. 肥満にならない
    3. 可愛さやほっこり感が倍増
    4. たくさんモフモフできる

    ことである。

  • 猫の多頭飼いのデメリット5つとは
    1. お金がかかる
    2. 猫同士で病気が感染する
    3. 環境問題
    4. 猫同士の相性
    5. イタズラの連鎖

    である。


猫を多頭飼いするときは、やっぱりデメリットをしっかり把握して「大丈夫かどうか」が分かってから飼ったほうが安心かも^^;

私は飼ってからデメリットを知ったので、結構戸惑いました(笑)
とはいえ、やっぱり多頭飼いは楽しさ癒しが1匹のときでは味わえないくらい濃いので、私は「2匹で飼ってよかったな~」と思っています^^

すえさやすえさや

今ではクロとミミは私の宝物
引き取ったからには幸せに暮らしてほしいので、今では完璧に猫中心の生活です^^


ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

この記事と関連のあるページ