~さつまいも甘酒の豆乳割り~

こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

私は米麹の甘酒をしょっちゅう作っているんですが、そのときふと疑問に思ったことがあるんですよね。

甘酒が甘いのはお米のデンプンを「酵素」が「」に変えているから。

だったら「デンプンを持っている他の食品で仕込んでも、美味しい甘酒ができるのでは?」と^^

実験が大好きな私としては、試さないわけにはいきません!
そこで実際に、デンプンを多く持っている「さつまいも」で甘酒を作ってみることに。

す・る・と…。
予想以上に美味しい甘酒が♪

ぜひあなたにも試してもらいたいので、ここで作り方とちょっとアレンジした食べ方を紹介しますね。

では、まずは材料から見ていきましょう!

スポンサーリンク

さつまいも甘酒に必要なものは?


甘酒って本来なら米麹だけで仕込むんですけど、それだとかなり割高になるんですよね。
だから、ほとんどの人が米麹を減らして、その代わりに「ご飯」をプラスしているはず。

さつまいも甘酒は、そのご飯のところを「さつまいも」に変更するだけ!

ご飯を使った甘酒の作り方はこちら
甘酒の米麹を使った作り方3つとは?全部試した私のおすすめはコレ!

ちなみに、さつまいもの量はご飯の量と同じにしました。
全体の詳しい分量は下のとおりです^^

★さつまいも甘酒の材料と分量(およそ1000cc分)

  • 水  500cc
  • 米麹 200g
  • さつまいも 300g(皮をむいての量)


さて材料と分量が分かったところで、次は作り方を紹介していきますね。

さつまいも甘酒の作り方とは?

さつまいも甘酒は、ご飯をそのまま入れるだけの甘酒と違って、「さつまいも」の処理をしないといけません。

そこも含めて、詳しい作り方を見ていきましょう。

手順1.さつまいもを2cmの太さに切り、皮をむく

ここでのポイント:皮は厚めにむくこと

さつまいもは皮の近くの食感が繊維質なので、厚めにむいてくださいね。

私は最初におうちゃくをして作ったとき、ブレンダーで混ぜても繊維の感じが残っていてげんなりしました…。

なめらかな甘酒を作るためにも、ここは大事なところです^^

すえさやすえさや

そうそう!
さつまいもの皮ですが捨てずに、味噌汁の具やレモン煮にするといいですよ。

手順2.電子レンジで800Wで3分加熱するか、お湯で煮る


私の場合は、加熱できるビニール袋にさつまいもを入れてレンジへ!

さつまいもを2cm幅で切っていれば3分くらいで火は通りますが、分厚かったり薄かったりすると、だったり焦げたりするので様子を見ながらしましょう^^

手順3.柔らかくなったさつまいもを潰す


私は、袋が破れないように綿棒で潰します(笑)
極力洗い物を出したくないので…^^;

確実にさつまいもをつぶしたいなら、すりばち裏ごし器がおすすめですね。

手順4.甘酒を作る容器を消毒する


私はヨーグルトメーカー(タニカさんの「ヨーグルティア」)を使っているので、容器は付属のものを使用しています^^
電子レンジで消毒できるので、かなり楽ですよ♪



もしも炊飯器で作る場合は、熱湯を注ぎ入れるか食品用アルコールで消毒しておきましょう。

手順5.容器に水とさつまいもを入れて混ぜる


容器が消毒出来たら、さつまいもを入れてグルグル…。

きっと、この段階ではさつまいもがまだ熱いはず。
熱々のさつまいもと米麹をくっつけると、麹菌が熱でやられて酵素を作ってくれなくなるので、先に水で熱を冷ましておきます^^

手順6.米麹を入れて混ぜる


さつまいものが水で冷まされたら、米麹を投入!
軽く混ぜたらヨーグルティアにセットしてください^^

手順7.温度を60度、タイマーは6時間に設定する


もしも炊飯器で作る場合は、保温スイッチを入れて約8時間

ただ、使う炊飯器によって保温の温度がマチマチなので、フタを開けたままか閉めるかは調節をお願いします。

手順8.時間が来たら完成!


さつまいも甘酒が上手くできているかの確認は「米麹が指でつぶれる」かどうか。

もしもつぶれなかったら、もう少し保温しておきましょう。
時間を置くと柔らかくなりますよ。

そして完成したさつまいも甘酒を飲むときには、食感をよくするためにブレンダーでなめらかにしてくださいね。


さて、ここまで「さつまいも甘酒」の作り方を見てきました。
さつまいもでも甘酒ができることが分かって、ちょっと気分がいい私^^

そのままでも美味しいんですけど、ほかの食べ方ができないか試したところ、おすすめのものを発見したので紹介しますね。

スポンサーリンク

さつまいも甘酒のおすすめの食べ方!~レンジで蒸しパン~

★材料(マグカップ1杯分)

  • さつまいも甘酒 70g
  • 豆乳(牛乳でも可) 30g
  • 卵 1個
  • 薄力粉 80g

★作り方

  1. ブレンダーにさつまいも甘酒、卵、豆乳を入れて混ぜる
  2. ボウルに1を入れ、小麦粉を振るい入れる
  3. 切るように混ぜたら、生地をマグカップに入れる
    (混ぜすぎると蒸しパンがベタベタになるので注意!)
  4. 電子レンジ600Wで3分加熱
  5. 表面がベタついているようなら、10秒追加する
  6. スプーンでつついて、生地がくっつかなかったら完成!


私はマグカップを使っていますが、シリコンカップでもできますよ^^

大きさによって加熱の時間が変わってくるので、生地の様子を見ながらレンジにかけるようにしましょう。

ちなみに私は、さつまいも甘酒を豆乳で割って飲んでいるんですが、それよりも蒸しパンのほうが好きです(笑)
同じような分量でも、飲むより食べたほうがお腹に溜まっている気がするし…。

このままだと甘さ控えめなのでハチミツをかけたり、お好みでレーズンを入れても美味しいですよ^^
ぜひお試しあれ♪


さて、ここまで見てきたことを最後にまとめておきますね。

まとめ

  • さつまいも甘酒の材料は、500cc米麹200g、皮をむいたさつまいも300gである。
  • 作り方は、
    1. さつまいもを2cmの太さに切り、をむく
    2. 電子レンジで800Wで3分加熱するか、お湯で柔らかくなるまで煮る
    3. 柔らかくなったさつまいもを潰す
    4. 甘酒を作る容器を消毒する
    5. 容器にさつまいもを入れて混ぜる
    6. 米麹を入れて混ぜる
    7. 温度を60度、タイマーは6時間に設定する
    8. 時間が来たら完成!

    である。

  • さつまいも甘酒を美味しく食べるなら蒸しパンがおすすめ。



今回は、デンプンを多く含んでいる「さつまいも」で甘酒を仕込んでみました^^

ちゃんと美味しい甘酒ができることが分かったんですが…。
実は、デンプンを多く含んでいるものは他にもあるんですよね。

たとえば、

  • じゃがいも
  • かぼちゃ

など。

他の食材ではどうなるのかが気になるので、またいつか実験してみたいと思います^^
美味しかったらまた紹介しますね!(笑)

~追記~
かぼちゃ甘酒を作りました!
すっごく甘くて美味しかったのでぜひ♪
かぼちゃ甘酒の作り方とは?おすすめの利用法も2つ紹介!

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

この記事と関連のあるページ