「お酢の種類の違いが知りたい!」
「良いお酢ってどんなお酢?」



こんにちは、発酵食品マニアのすえさやです^^

お店で販売されているお酢って種類がすごく豊富ですよね。
だから「とりあえずコレでいっか!」と適当に選んじゃう人もきっと多いはず。(かつての私のように^^;)


でも、それって超もったいない

だってお酢の種類によって合う料理は違うのに…。

すえさやすえさや

ちなみに私は、常に4~5種類のお酢を料理に合わせて使い分けるようにしています^^

なので今回は、あなたがお酢をもっと楽しめるようにマニアの私が

  • お酢の種類別に何が違うのか(6種類で比較)
  • それぞれのお酢に合う使い方

を紹介していきますよ^^


また、最後には「良いお酢」を買うときのポイントも教えちゃうのでお楽しみに♪

ではさっそく、お酢は種類によって何が違うのかを見ていきましょう!


スポンサーリンク

お酢の種類の違いは原材料だけじゃない?6種類を徹底比較!


お酢の「種類の違い」といったら、原材料を思い浮かべる人が多いはず。

でも実は、原材料が同じでも作り方配合が違ったりすると、

  • 酸度
  • 香り
  • 栄養成分

も変わってくるんですよね。


なので今回は、原材料以外の違いを分かりやすく知ってもらうために6種類のお酢を比較してお話ししていきますよ^^

ではまず、これから比較していくお酢の紹介です!

紹介するお酢 6種類
  1. 穀物酢
  2. 米酢
  3. 黒酢
  4. 果実酢
  5. ワインビネガー
  6. バルサミコ酢


どれも市販でよく見るお酢ですよね^^
とはいえ、使い方が分からなくて買ったことのないお酢もきっとあるはず。

だけど、これから紹介するお酢の違い使い方を最後まで読めば、あなたもきっとお酢使いマスターになれるでしょう♪


それではさっそく「穀物酢」から順番に、どんなお酢なのかをお話ししつつ違いについて触れていきますね^^

紹介するお酢1つ目:穀物酢

★「穀物酢」はこんなお酢

  • 原材料はコーンなどがブレンドされている
  • 香りなどにクセがない
  • 酸度が他のお酢と比べると低い


穀物酢は文字通りいろんな穀物を使ったお酢になります^^

なので、お米だけを原料にしている「米酢」や「黒酢」とは違って酸味もクセもちょっと控えめ


私の場合はお酢独特の香りや酸味が好きなので、穀物酢は「ちょっと味気ないな~」と思うんですが、お酢が苦手な人にとってはかなり食べやすいはず^^

しかもクセがないぶん、どんな料理にも合わせられるので使い勝手がいいというのも嬉しいところですね。


だから「とにかく手軽にお酢を摂りたい」という人には「穀物酢」って結構おすすめです♪

「穀物酢」の使い方

穀物酢は何にでも合うので、そこまで使い方を考える必要はありません。


ちなみに我が家の場合、ごくたま~に穀物酢を買うことがあるんですが使うのはもっぱら「酢の物」。

私は米酢で食べるのが好きなんですが、夫が酸味の少ないもののほうが食べやすくて好きみたいで^^;


…とまぁこんな感じで、酸味は苦手だけどお酢を加熱せずに食べたいとき「穀物酢」はピッタリです。

紹介するお酢2つ目:米酢

★「米酢」はこんなお酢

  • 原材料は主にお米
    (1000mlあたり40g以上使っていないと米酢と呼ばれない)
  • 純米酢」…白米だけを使って作られたもの
  • 純玄米酢」…玄米だけを使って作られたもの
  • 酸度は平均的で、強くもなく弱くもない
  • お米が材料なので、まろやかさ甘みがある


米酢」はお米がメインなので、いろんな穀物がブレンドされている「穀物酢」よりも香りがあり酸味もちょっと強めです^^

でもそのぶん、お米特有のまろやかさ甘さを感じられるので、私は穀物酢より好きですね♪


ただ、米酢の中でも「」がつくものは、お米だけを使っているのでお値段が高めです^^;

とはいえ、「純米酢」は普通の米酢や穀物酢に比べると有機酸が、「純玄米酢」はビタミンミネラルが多いので買う価値はアリ!

すえさやすえさや

ちなみに私が米酢を買うときは、必ず「」がついたものを選びます^^

どうせ食べるなら、栄養価の高いほうがいいですからねん♪

「米酢」の使い方

米酢はお米が材料なだけあって、ご飯とか日本食との相性がバツグン!

だから

  • 酢飯
  • 酢の物
  • 煮びたし
  • 鶏肉のさっぱり煮

などもすごく美味しくできますよ^^(これ全部、私のお気に入りメニュー(笑))


米酢はそのままだと穀物酢よりも酸味が強いので、もしかしたら私の夫みたいに「酢の物だと苦手かも…」となるかもしれません。

そんなときは加熱する料理をメインに使いましょう。
酸味が丸くなるし、お米のまろやかさも感じられるようになります^^

紹介するお酢3つ目:黒酢

★「黒酢」はこんなお酢

  • 原材料はお米または
  • 「米酢」よりも多く材料を使う
    (純米酢でも1000mlあたりお米を約120g使うのに、黒酢は180g以上使用する)
  • 米酢と同じで「純米黒酢」と「純玄米黒酢」がある
  • 「穀物酢」や「米酢」より、香りとコクが強い


黒酢」は米酢や穀物酢よりも穀物をたくさん使っているぶん、この2つのお酢に比べてアミノ酸の量がかなり多めなんですよね。

すえさやすえさや

ちなみに静岡県環境衛生科学研究所によると、一番アミノ酸が少ないのは「穀物酢」とのこと…。

そもそも、黒酢は米酢や穀物酢と同じ「穀物」を使っているものの「作り方」が全然違います^^

例えば、米酢穀物酢の場合だと

  1. 穀物を蒸して、米麹と水の力でデンプンを糖に変える
  2. 酵母を加えてアルコール発酵させ、お酒をつくる
  3. できたお酒に酢酸菌を加えて酢酸発酵させる
  4. 発酵が終わったら1ヶ月~10ヶ月ほど熟成させる

という感じで、各工程で人の手が入っています。


でも黒酢の場合は、カメの中に蒸した穀物・米麹・水を入れたら仕込みは終了

最初の半年は定期的にかき混ぜが必要ですけど、穀物酢や米酢のようにいろいろ手を加えたりはしません^^


しかも熟成期間が2年以上と長いので、そりゃ~他のお酢と違って香りコクも強くなりますよね!

「黒酢」の使い方

黒酢はクセが強いので、日本食よりも味のしっかりとした「中華料理」に使うのがおすすめ。

穀物酢や米酢だと負けてしまいがちな加熱濃い味付けでも、「黒酢」だとしっかり主張してくれますよ♪

とくに

  • 酢豚
  • 油淋鶏(ユーリンチー)
  • 酸辣湯(サンラータン)

はぜひ試してみて欲しいですね^^

紹介するお酢4つ目:果実酢

★「果実酢」はこんなお酢

  • 原材料は果実果汁
    (1000mlあたり300ml以上使われていないと、果実酢とは呼ばれません)
  • 果汁だけを使って作られたお酢には「」がつく
  • フルーティで飲むお酢としてもバッチリ!


果実酢」は果汁を発酵させて作るので、穀物は一切使われません。
だからどうしても、穀物を使ったお酢よりアミノ酸が少なめになってしまいます^^;


でもその代わり、使われている果実の栄養素を摂ることができるし飲むお酢としても使えるので、お酢の中では一番継続しやすいでしょう♪

すえさやすえさや

ちなみに私は、果実酢手作りしています^^
お酢に好きな果物を入れるだけで出来るので、気になる人はぜひ^^

「果実酢」の使い方

果実酢は飲むお酢としてだけでなく、フルーティさを活かしてドレッシングとしても使えます。

とくにお肉との相性がいいので、野菜だけでなくハムチキンの入ったサラダがおすすめですね!


私は「レタス+玉ねぎ+トマト+ハム」の王道サラダが好きなので、あなたもお試しあれ♪

紹介するお酢5つ目:ワインビネガー

★「ワインビネガー」はこんなお酢

  • 原料はワイン
  • ワインビネガーとワインビネガーの2種類がある
  • ワインを発酵させているので、渋みがあり酸味も強め


ワインビネガー」はワインを発酵して作られているので、ぶどうの香りはするものの酸味は強めになります^^

なので人によってはドレッシングのようにそのままではなく、加熱して食べたほうが「美味しい」と感じるかも。

すえさやすえさや

ちなみに、私はそのままでも平気だけど夫は加熱しないと食べられません(笑)

とはいえ、ワインビネガーは原料がぶどうなだけあって、抗酸化作用の高い「ポリフェノール」がたくさん含まれています。

美容アンチエイジング効果が欲しいなら、ぜひとも積極的に摂りたいところですね。

「ワインビネガー」の使い方

ワインビネガーはワインと同じような合わせ方をすると使うのも楽ですよ。

例えば、

  • 脂っぽい料理には「
  • さっぱりした料理には「

という風に^^


具体的な食材だと、脂の多いお肉やお魚を使うときは「」、さっぱりしたお肉&お魚や野菜を使うときは「」がむいていると覚えておけばOK!

紹介するお酢6つ目:バルサミコ酢

★「バルサミコ酢」はこんなお酢

  • 原材料はブドウの果汁
  • レッドバルサミコ酢とホワイトバルサミコ酢の2種類がある
  • 加熱すると酸味より甘みが強くなる


バルサミコ酢」はワインビネガーと同じでぶどうが原料なんですが、その作り方は全然違うんですよね。


例えば、ワインビネガーだとぶどう果汁にワイン酵母を入れてまずワインを作り、そのあと酢酸菌をくわえて発酵させる…というふうに段階があります^^

それがバルサミコ酢だとぶどう果汁を煮詰めたらすぐに発酵熟成


だからワインビネガーと違って苦みもないし、コクの強さも全然違うんですよ♪

ただ、困ったことにバルサミコ酢の値段ちょ~高い


熟成するのに時間がかかるせいか、のわりに値段が高いので私は買うことができません…。

すえさやすえさや

でも、結婚記念日に行ったレストランでの「ステーキのバルサミコ酢ソースがけ」の味が忘れられない!

いつか我が家がもう少し裕福になったら、絶対に買ってやりますよ(笑)

「バルサミコ酢」の使い方

私はまだ実際にバルサミコ酢を使ったことがないので、日本食にも合うのか分かりません。

でも間違いなく言えるのは「お肉やお魚のソース」としては、ピカイチの美味しさになるってこと!

だからまずは、ソースとして使ってみることをおすすめします♪


さて、ここまで6種類のお酢の特徴と一緒に違い&使い方を見てきました。

それぞれに個性があるのを知って、きっとあなたも自分の使ったことのないお酢を試してみたくなったはず!


そこでお次はお酢を選ぶときに役立つ「良いお酢の選び方」についてお話ししていきますよ。


スポンサーリンク

「良いお酢」を買いたいならココに注目!


前の章で、お酢の違いを紹介するときに原材料もいっしょに見てきましたよね。
そう「良いお酢」の選び方のポイントとは、ずばり「原材料」なんです!

というのも、市販のお酢の中には食品添加物が入っているものが結構多いんですよね^^;


たしかに、もともとがついていれば料理を作るときには楽かもしれません。

でも、食品添加物の入っているようなお酢だと本来のお酢の成分とは違っているので、残念ながら健康や美容効果はあまり期待できないでしょう。


もしもあなたが、健康美容のためにお酢を摂ろうと思っているならぜひ「原材料」には注意してくださいね。

ではここで、前の章で紹介したお酢の原材料をもう一度まとめておきます^^

それぞれのお酢の原材料
  1. 穀物酢トウモロコシなどの穀物
  2. 米酢お米
  3. 黒酢お米または
  4. 果実酢果実果汁
  5. ワインビネガーワインぶどうと書かれていることも多い)
  6. バルサミコ酢ぶどう果汁


基本的にいろんなものが入っているお酢は「良いお酢」ではありません。

なので、もしもお酢を買いに行ったときに何が原材料になっているのかを忘れてしまったら、とにかく原材料の少ないものを選ぶようにするといいですよ。


さてここまで、お酢の種類の違い&使い方や買うときのポイントなどをお話ししてきました!

結構長くなったので、最初のほうはもう忘れちゃったかもしれません^^;
ということで、最後にもう一度ふり返ってからお別れにしましょう。

まとめ

  • お酢は種類によって
    1. 原材料
    2. 作り方
    3. 香りやコクの強さ
    4. 栄養素

    違いがある。

  • お酢の簡単な使い方
    1. 穀物酢何にでも合わせてOK
    2. 米酢ご飯日本食
    3. 黒酢中華
    4. 果実酢飲むお酢ドレッシング
    5. ワインビネガー:「赤」は脂っぽい料理、「白」はさっぱりした料理
    6. バルサミコ酢:お肉やお魚のソース

    というふうに覚えておけば楽!

  • 良いお酢を選びたいなら「原材料」に余計なものが入っていないか確認すること。


今回は6種類のお酢を比較して、違い&使い方について見てきました。

使い方で紹介した一部のお酢料理についてレシピはこちら
お酢のレシピで簡単に続けられる7つとは?ズボラでも多忙でも大丈夫!

最初は慣れないせいで使い分けも難しく感じると思いますが、慣れてくればこっちのもの!

料理によってお酢を使い分けて味の違いを感じたり、レパートリーも増やせるようになってきますよ^^

そうなれば、お酢を選ぶのもなんだか楽しくなるはず♪

すえさやすえさや

ちなみに私は今では、お酢コーナーを見るだけでテンションが上がります(笑)
「あ、これニセモノ酢~。これは本物酢~。」という感じで。

お酢は継続して摂ることで効果がでます。
だからマンネリ防止のためにも、お酢選び使い道などなにか楽しめるものを見つけてお酢を摂ってくださいね^^

★お酢のうれしい効果はコチラ
お酢の効果はなんと10個も?長く続けて健康&美肌をゲットしよう!

ハピパリ運営者 “ すえさや ” ってどんな人? 

  • 「広島県」出身の「福岡県」住まいのアラサー主婦(生い立ち
  • 発酵食品・猫・アニメ・声優LOVE
  • 韓国語の勉強中!

SNSでも発信中!

SNSではブログに載せきれない写真だったり、お話をしています(*´з`)

この記事と関連のあるページ